美鈴へ

0
    美鈴、元気でやってますか?
    おっちゃんの記憶が正しければもう中学校2年生ですね。
    まだ、スイミング続けてるのかな?
    部活は何をやってるの?

    弟とは仲良くやってますか?
    弟はもう小学校に入ったのかな?
    小さな弟がいたずらばっかりして煩わしいと言ってましたが
    そう言いながらも弟思いの美鈴のことだから仲良くやってるでしょうね。

    美鈴がいなくなってからもう早いもので3年半が過ぎました。
    突然、お互いサヨナラも言えないままで逢えなくなっちゃったけど
    おっちゃんはいつも美鈴のことを思いだしています。
    バスの乗車名簿にはいまだに中野美鈴の名前を残しています。
    毎年4月になると美鈴の名前の隣に記した学年を更新して・・・。

    美鈴ももう大きくなってしまったろうから
    いま逢ってもおっちゃんは気がつかないかも知れません。
    おっちゃんも髪が一段と薄くなってしまったし、
    今は丸いメガネをかけてるんだよ。

    美鈴とおっちゃんは言うなれば一目惚れ同士で
    お互い初めてあった瞬間に気に入ってしまったんだよね。
    短い期間だったけど美鈴といた一瞬一瞬が心に残ってます。

    バスに乗るなり週遅れのバレンタインチョコをくれた美鈴、
    疲れてるおっちゃんにリポビタンやコーヒーの差し入れてくれた美鈴、
    寒空の下、バスを見るなりにっこり笑って駆けだして乗り込んできた美鈴、
    スカート似合うよと褒めるととても照れていた美鈴、
    口の周りにチョコをつけたままバスに乗り込んできて
    それを教えてあげたらすごく恥ずかしがっていた美鈴、
    口数の少ない君だったけど、なぜか君の考えることは手に取るように感じられた。

    おっちゃんが大変な時に、いつも美鈴の笑顔に励まされました。
    美鈴がいなくなったあとも、いつも心の中で美鈴が微笑んでくれたから
    今までおっちゃんはいろんな事も頑張ってこれました。

    お父さんの転勤でまた転校とかあるかも知れないけど
    どこに行っても、離れていても美鈴を応援してるからね。
    寒くなってきたから風邪なんかひかないように気をつけてね。
    それじゃ、またね。
    大好きな美鈴へ。
                 1号車のおっちゃんより

    彩香へ

    0

      突然、今日でプールをやめるからと言ってびっくりしたよ。
      友達の加奈も明奈もやめて、ずっとやめたいと言っていたけど
      ひとりになっても半年間頑張ってきて偉かったね。
      土曜日は習字に部活に一輪車の練習、と特別忙しいのに。

      やめたいと言いながらも5年生になるまでは頑張ってみると言っていたから、
      おっちゃんはあと5ヶ月は一緒にいられると思っていました。
      来週から彩香がバスに乗ることもないと思うととても寂しいです。

      時々体調が悪かったり、ちょっとさぼりたくなった時に
      ずっと一緒にバスに乗って木造や市内の迎えにつき合って
      いっぱい彩香と話せたのはとても嬉しかった。

      木造の子どもたちに「この子だれ?」と訊かれて
      「おっちゃんの娘」と話した時もニコニコしながら話を合わせて
      あとで二人で笑ったこともあったね。
      おっちゃんは本当に彩香を娘のように思ってました。

      彩香は人見知りするから最初は借りてきた猫みたいにおとなしかった。
      憶えてる?
      加奈と明奈の薦めで体験レッスンにきた時のこと。

      振り返ってみればいろんな事があったなぁ。

      3人そろっていつも運転席の後ろに並んでおっちゃんとなぞなぞをしたこと。
      騒いで調子に乗りすぎておっちゃん叱られたあと
      彩香は2ヶ月くらいふてくされていたよね。
      以外と頑固なところもあった。
      仲直りの後は、ずっとおっちゃんの一番の仲良しでした。

      別れたお母さんに逢いたいと泣いていた彩香。
      おっちゃんと一緒にいつも琉来をからかっていた彩香。
      おっちゃんの薄くなった頭をからかって後ろからふうふうしていた彩香。
      リングの貞子のマネをしておっちゃんの後ろから髪を垂らして遊んでいた彩香。
      おっちゃんとペットの猫自慢をした彩香。
      パレードで汗だくになりながら一輪車を乗っていた彩香。
      3年間のいろんな彩香がおっちゃんの心の中にいます。

      最後に、今までありがとうと言ったあとで、
      「じゃあね」と言ってバスをあとにした彩香。
      そうだよね、サヨナラは言いたくないよね。
      今まで通り「じゃあね」でいいか。

      いつかまた、ちょっとだけ大人になった彩香に逢えるように
      おっちゃんもいつも通り「じゃあね」と言っておきます。

      彩香、3年間ありがとう。
      それじゃ、またね。

      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      青森県の天気

      今夜の月

      お月様をクリックしてみて

      あらいぶの本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      きみの友だち (新潮文庫)
      きみの友だち (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
      重松 清
      「友だち」って何?
      本当の「友だち」って。
      心にしみる良書です。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM