「あいのうた」は感動の連続です。
まぁ、早い話、今週もジーンときてホロリとしてしまいました。

愛されるだけじゃなく、愛を与えられる人になろうと決意した愛は、
今まで以上に張り切って、周りに笑顔を振りまく。

片岡に秘密を打ち明けられた愛は病院へも一緒に行く。
仕事先のファミレスで笑顔いっぱいに仕事する姿を見て、
房子は愛がなにも知らないと思ってかわいそうに思う。
柳沼は婦警との会話に片岡の心情を察しようとする。
顔にででしまう飯塚は、反対に片岡に何かあったのかと心配される始末。

愛のナレーター:私はきっと今まで生きてきた以上に笑っていた。下を向くのはいやだった。考えたくない現実に負けてしまいそうで。そう、彼の言うとおり、笑顔は力をくれるんだ。出来ることなら、彼の命と取り替えられるなら、私の命を捨ててもいいとすら思っていた。だって、私のなんて、一度捨てた命だから。でも、そんなこと言ったら、また彼に怒られるだろうな。

房子、飯塚、柳沼は病気の秘密を隠している片岡と、
それを愛は知らないと思い二人に思いをはせる。

一方、片岡や子どもたちの前では笑顔いっぱい明るく振る舞う愛は、
ひとり寝室で悲しみに耐えて泣いていた。

それに気づいた片岡はドアの外ですまないと感じる。

片岡にも強く勧められ飯塚は見合いを受ける。
その日、飯塚が気になって仕方がない片岡は愛を誘って偵察に行こうとする途中で、柳沼や房子と出会い、4人で見合いの偵察に行く。

署長の姪っ子でバツイチだという見合い相手は美人で、
見合いの席は飯塚がカチカチにかたまっていたがいい雰囲気だった。
しかし、飯塚は見合いの相手に
「ごめんなさい。私は今、考えられないんです。
親友が、大事な大事な親友が今・・・、いま、すごく辛い状況にあるんです。
私は・・、僕はそれで・・、頭がいっぱいなんです。
自分のことは考えられない、考えたくない。だから・・、すいません」
と、自ら見合いを断ってしまう。

それを見ていた片岡は、実は3人が自分の病気のことを知っていたことを知る。

見合いのあとで、改めて3人に、あと半年の命だと言うことを告げる。
愛が片岡の病気のことを知っていたことに3人は驚く。
「だって、あんなに明るくしてたじゃない・・・」
「笑うとね、元気が出るんだよ。ね。」と片岡を見つめる愛。

愛と房子、お昼の弁当を食べながら、

「ねぇ、片岡さん、どう?」
「うん・・・、元気」
「そう」
「うん」
「すごい人だよね、片岡さん」
「うん、そうだね」
「愛ちゃんもだよ」
「え!?・・私?」
「うん。この私をだますなんてなかなかすごい。・・・
すごい人だなぁと思うよ。愛ちゃんも。あんなに明るくしてられるなんて。
なんか、負けた気がして悔しい!」
「なんだ?それ」
「愛の力ですかね?なんかキレイになってるし、愛ちゃん」
「え?そ・・そう?」
「お!いま恋をしてるからかしらとか思ったでしょ?ね!絶対思ったよね」
「思ってないわよ」
「え〜!ぜったいおもったでしょ〜」
「うるさいなぁ・・」
「奇跡・・・、起きるといいね、片岡さん」
「え!?・・・・」ゆっくり、深くうなずく愛。

(この、愛と房子の会話がまた、いい出してます)

大が学校から帰るなり片岡に野球を教えてほしいという。
学校で野球大会があってサヤカちゃんにいいところを見せたいのだという。
さっそくキャッチボールを始める片岡一家。
キャッチボールをしながら片岡の笑顔は次第に泣き顔とも笑い顔ともつかない顔になる。
それを見つめる愛も片岡の辛さを痛いくらいに感じていた。

その夜、子どもたちを寝かしつけた片岡は不意に外に飛び出した。
あとを追う愛が見たのは片岡の初めての涙だった。
近づく愛に気づいた片岡は無理に笑おうとする。
「笑わなくていいよ、いまは・・」
半分笑いの歪んだ顔の片岡。
そっと両手で片岡を抱きしめる愛。

「頑張らなくていいよ」
片岡は耐えてきた心が崩壊する。むせび泣き、愛に感情をさらけ出す。
「死にたくない・・・、やだ・・、やだ〜・・、死にたくない・・」

愛のナレーター:このとき私は思ったんだ。この人を、片岡優二という人を、愛している。心の底から、愛していると。そして、こうも思ったんだ。この人と出会えてなんて私は幸せ者なんだろう。ずっと、ずっと、この人と一緒にいたい。

片岡が立ち上がりながら、
「みっともないとこ見せちゃったね」
頸を振る愛。
「あの・・・、お願いがあるんだけど。私と・・・、私と結婚してください」 


第8話はここまででした。
どうも歳を取って涙腺が弱ったのか、ジワーっときます。
玉置の演技も絶品です。
キャッチボールの笑顔から次第に泣き笑いのような顔になっていくところなんか、
往年の大女優をして唸らせただけはあります。

やっぱり片岡は死んじゃうんでしょうか?
奇跡が起きてハッピーエンドにならないかなぁ。
愛ちゃんには、今までの涙の分、幸せになってほしい・・・。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://diaryblog.otchan.lolipop.jp/trackback/361867
面白おかしく更新注意☆
  • 見てくださいね。
  • 2005/12/01 2:08 AM
みてくださいね。
  • よろpikoヽ(*^0^*)ノ
  • 2005/12/01 2:08 AM
「あいのうた」に関するブログ記事を集めてみました。 読み比べてみてください。
  • 今日の芸能ネタ
  • 2005/12/01 8:06 AM
「残念だけどウソじゃないんだなぁ」。今回は、この片岡のセリフが意味する、事実とその重みを、洋子と片岡の仲間たちが、受け止めていくエピソードとなりました。
  • 伊達でございます!
  • 2005/12/05 1:27 PM

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

青森県の天気

あらいぶの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    あらいぶ
  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    じゅずじ
  • 初心に戻ろう!!
    あらいぶ
  • 初心に戻ろう!!
    じゅずじ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    あらいぶ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    じゅずじ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    あらいぶ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    じゅずじ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    あらいぶ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    AT

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM