あおぞら
あおぞら
星野 夏

泣きました。
何度泣いたか分かりません。


現在は19歳になられた星野 夏さんの
中学校から高校にかけての手記です。

もっぱら浅田次郎かミステリー、サスペンスを読んでるので
普段はこの手の本は滅多に手に取らないし、読もうと思いません。
でも、この「あおぞら」は新聞の広告に何度か出ていて
それを見て、何かずっと気になっていました。
それで昨日、本屋さんに何冊か仕入れに行ったとき
「あ、これ新聞に出ていたヤツだ・・・」と思って一緒に買いました。

本のオビそのままに書くと
「裏切り、レイプ事件、恋人の死・・・。18歳・女の子の感動手記。
―――中学2年生のとき、あの事件が起きて、世界が終わった。
あたしは汚い。なのに、こぅちゃんは抱きしめてくれたね。
ありがとう、こぅちゃん。あたし、生きるよ!」



ほんの中学2年生で友達に裏切られてレイプされた。
1度だけじゃ無かった。
人なんて、男なんて信じちゃいけないと思いながら
親身に相談に乗ってくれる先輩を信じた。
だけど、先輩が用意周到に仕組んでいた罠だった。

自分は生きてちゃいけないんだと、何度も手首にカミソリの刃をたてた。
どうせ死んでしまってもいい自分だからと、どんどん墜ちていった。
売りもやった。ホステスもやった。下着の売りもやった。


もう、誰も彼も信じられないと思ったときにこぅちゃんに出会った。
こぅちゃんは他の人とは違った。
どんどん好きになっていく。
でも売りのとき、写真を撮られていて、それをネタにまたレイプされた。
こぅちゃんとはもう一緒にいられない、と無理矢理別れた。

でも、ずっとこぅちゃんはあたし(夏)を好きでいてくれた。
ふたたびこぅちゃんと出会えたとき、
思い切って、レイプや売りをやっていたこと全部こぅちゃんに話した。
こぅちゃんは全部受け止めて、それでも夏が好きだと言ってくれた。
夏のつらさを全部背負ってくれるって。
初めて心底、何かも話せて信じ合える人と一緒にいれる幸せを感じた。
なのに・・・。
こぅちゃんはあたしを置いて還らぬ人に人になった。



18歳の初めての手記ですから文章がつたない部分もあります。
でも、それがかえって誠実に真実を書いていることを感じさせます。
男ですからどんなに斟酌して読んでも、
夏さんの辛かった心の一片しか分かっていないんだと思います。
世の中に、こんなにひどい男達がホントに居るんだなぁと辛くなりました。
この本は是非、男性に読んでもらいたい。

こんなに何度も辛い目に遭いながら生きていこうと思えたこと。
そして夏をちゃんと見守っていてくれたお母さん、お姉さん。
ホントにすごいと思う。

こぅちゃんの思い、夏の思い、それを取り巻く友達の思い。
みんなで千羽鶴を折ったとき、
こぅちゃんが居なくなってからおこなわれたバースディ・ライブ。
もう涙が止まりませんでした。


「笑わなくていいんだよ。きついこと、ちゃんと聞くから」

好きな人が笑うと、どうしてあたしまで、楽しくなるんだろう。
好きな人が楽しそうだと、どうしてあたしまで幸せを感じるんだろう。

ねぇこぅちゃん。あたしは生きるよ。精いっぱい生きるよ。
「夏は弱くないよ」
いつかこぅちゃんが教えてくれたこと、いってくれた言葉。
あたしはそのとき、それを思い出したんだ。


強烈に印象に残った一書です。
正直、読むのも辛くなるかも知れません。
でも、それ以上に心に残るものがあります。

<著者の紹介>
星野 夏 ほしの・なつ
1986年生まれ、血液型O型
好きなもの/デコレーションメール、買い物、人の笑顔、ファッション雑誌、音楽、夜の海
好きな色/ピンク
嫌いなもの/チョコレート、早起き、正座


(「あおぞら」はじめに からの著者のメッセージ)
原稿を書く前に、あたしには不安なことがいくつかありました。
ひとつは嘘をついてしまい、内容を美化してしまいそうなこと。もうひとつは、あまりにもつらい過去を書くのに途中で胸が苦しくなって、泣いて辞めてしまうんじゃないかということです。
書いているとき、場面場面で笑顔になったり、涙が出てきたり、つらくて手が止まったりもしました。だけど、書きあげたときに「書いてよかった」と心から思いました。
 原稿に書いてあるひとつひとつのことに思い出があります。後悔していることもたくさんあります。だけどそれでも「書いてよかった」と思えたのは、過去をちゃんと自分で受けとめているからだと思います。
そして書いた原稿を読んで思いました。絶対に本にしたい……と。
 つらいことばかり書いてある原稿だけど、この原稿をみんなに読んでもらうことで、同じように悩んでいる人、苦しんでいる人、自分がどうしたらいいのかわからない人の支えになれたらと思ったからです。
 勇気がいることだとわかっています。だけど何より「自分がひとり」だと思いこみ、人が死んでいくことが怖いです。 だからこれを読んでもらうことで、だれかの気持ちが変わる手助けができたらうれしいと思います。


1月24日:ブログ管理人
この「あおぞら」の記述にたくさんの人がコメントを寄せてくれて、本当にありがとうございます。
この「あおぞら」の本が数多くの方に読まれていくことは、本当にうれしく思います。
皆さんのコメントは随時、夏さんのもとへも届けさせて頂いてます。
今後も、「あおぞら」をより多くの方に読んで頂くように勧めていきたいと思います。



2006.02.07
夏さんから皆さんのコメントに対し代表してメッセージを頂きました。

♪あらいぶさん、こんにちは。
お便りありがとうございます。本を出すまで、あたしはこんなに沢山のお便りが届くなんて思っていませんでした。あおぞらが世界中の誰かの役にたっていると思うとすごく嬉しいです。一通一通何度も読み返しています。みなさんのおかげであたしは毎日元気で生活できています。すごく励まされています。本当にありがとうございます。一人一人に返事を出せなく申し訳なく思っています。星野夏


2006.03.28
♪あらいぶさん
こんにちは。星野夏です。春ですね。風邪などひいていませんか?突然ですが、今日、テレビであおぞらを紹介してもらう事になりました。その時、私のインタビューも少しだけ流れます。もっと沢山の人にあおぞらを知ってほしくてこの話をうけました。インタビューはすごく緊張しましたが、私なりに一生懸命答えました。よかったら見て下さい。


フジテレビ「スーパーニュース」に夏さんが出演したのですが、残念ながら僕のところはフジテレビの局はなく、夏さんのインタビューを見れなかった。残念・・・・。

Comment
すごく感動しましたッ☆それに、いろんなコトを考えさせられました。この本に書かれていた1っ1っの言葉を忘れずに頑張って行こうと思いました!!夏さん、この本を書いてくれてぁりがとぅござぃます!!とっても暖かい本でしたッ☆
  • misato
  • 2005/12/11 17:51
misatoさん、コメントありがとうございました。
人によって捉え方は色々あって、あるサイトでは
「中学生で夜に出歩いて男の家に行く行動が理解できない」
などと批判をして、評価点としては最低の点数をつけてる方もいましたが、僕は正直に感動しました。
世の中、悪い人ばっかりじゃないと思えます。
夏さん、辛い思いもたくさんしたけど、いい人達に出会えたなぁと思います。
思い出すだけで、涙が出そうです。
  • あらいぶ
  • 2005/12/11 23:45
最後、涙で文字が読めなくなるほど泣きました。

夏さん、どんなに辛かっただろう。どんなに苦しかっただろう。

正直、私も「レイプされるのにどうして逃げないの?」と思っていた1人です。「スキを見せる女も悪いんだよ」と・・・
それは自分が実際そんな目にあったことないから言える、軽率な言葉だった。「あおぞら」を読んで、深い深い反省の念と共に、自分の甘さを恥ずかしく思います。

それに気付かせてくれた夏さん。ありがとう。この辛い経験を文章にすることは、相当な勇気と体力が必要だったと思います。
それでも「同じような苦しみの中にいる人」のことを思い、支えになりたいと立ち上がってくれた夏さん。本当にありがとう。
この「あおぞら」を世に送り出してくれたあなたに、心から感謝します。

そして、辛かった夏さんのすべてを受け止め、愛し、夏さんに「生きる力」をくれたこぅちゃん。こんな腐った世の中で、こぅちゃんほど純粋で優しい男性が存在していたことに正直感動です。
バースディライブに集まったたくさんの仲間達からもわかるように、本当にすばらしい方だったのでしょう。それだけに、とても残念でなりません。

こぅちゃんが、強く優しい人でよかった。夏さんと、こぅちゃんが、出会ってくれてよかった。

人と人との関わり、支えあい。いろんなことを考えさせられました。この本に出会えてよかった。ありがとう。
  • hot
  • 2005/12/27 13:33
hotさん、コメントどうもありがとう。
ホントに文章のうまい下手に関係なく感動しました。
夏さんを苦しめた男たち。
こんな男が世の中をのうのうと生きていることに腹立たしさを感じます。
また、夏さんの周りのすばらしい人たちに感動しましたね。
ホントに読みながら何度泣いたか判らない。
夏さんには苦しんだ何倍も幸せになってもらいたいです。
  • あらいぶ
  • 2005/12/27 22:26
本を最後まで読まない私ですけど、この「あおぞら」は最後まで読みました。すごく感動して涙がとまりませんでした。夏さんの苦しい気持ちがいたいほど伝わってきて、私まで苦しくなりました。夏さん、この本を書いてくれてありがとう。私は、命の大切さをおそわりました。
  • ゆか
  • 2005/12/29 16:01
本でこんなにも泣いたのは初めてで自分でも
どんどん溢れてくる涙にビックリしました。
この本に出会えて良かったです。
私ゎこの本を好きな人に勧めました。
夏さんゎこぅちゃんに出会えて本当に良かったですね><
  • あおぞら
  • 2006/01/04 18:52
コメントありがとうございました。
最近、この「あおぞら」の記事が一番アクセスが多いです。
それだけみんな気になってたり読んだりしているのでしょう。
もっともっとみんなに読んで欲しい本です。
  • あらいぶ
  • 2006/01/04 21:58
電車のチラシで読み、初めて本を自分で買いました。

本当にこの本を読んでいろんなことがわかりました。
人生ってこんなにはかなく、裏切りってここまで人を傷つけてしますことなんだなって実感しました

こぅちゃんとの子供・・・出来ててほしかったよ・・・
こぅちゃんほどの人、もぅ夏さんの中にはいないかもしれないけどちゃんと恋愛に臆病にならずに恋愛して立派な赤ちゃん産んでね・・・

天国に行けばこぅちゃんにあえるよ。
会えたらその時から永遠に一緒だから・・・
だから頑張って生きて。こぅちゃんのぶんまで。

あたし、夏さんの友達になりたかったな。
自分がどこまで夏さんを支えられるかわからないけど、でも支えてあげたいって思ったよ。

ぁいらぶさんがみつけたサイトの記事の「中学生で夜に出歩いて男の家に行く行動が理解できない」っていうのはこの本を読んでこんなにつらいことばかりあって・・・大変だったというのをわからないのでしょうか?
とこのコメントを書いた人を批判したくてたまりません。

あたしは今中3です。
夏さんは自分と同じころきつかったんだ・・・自分が今夏さんと同じことをされていたら・・・
レイプした男たちをうらみます。こんな薄汚く自分の欲情だけしか考えてない男・・・最低。
こいつらのせいで夏さんの人生は変わってしまった
これがなければもっと多くのこぅちゃんとの思い出が作れたんだろう・・・と思います

だけどこれがあったからこそ、こぅちゃんと出会えたんだよね。
偶然・・・運命・・・こういうのってすごいね。
  • まぁか
  • 2006/01/08 11:16
コメントどうもね。
同じ世代だったら夏さんの気持ちが痛いほど分かるのでは。
「中学生で夜に出歩いて男の家に行く行動が理解できない」等のコメントがあったのはamazonの書評のコメントとして載っていました。
こういうコメントは世代の違いからだけではないと思います。
それを言うなら僕は世代的にかなり隔たりがあるわけだし・・・。
世代より感覚の違いでしょうね。
  • あらいぶ
  • 2006/01/08 22:12
今、あおぞら読み終わりました。三時間一度も動くことなく、ページをめくり続けました。何度となく、涙を拭きながら…。読み終わって誰かにこの感動を伝えたく今、書き込みしています。この本は俺らと同じ世代の夏さんが書いたので本当にリアルにそして、心が締め付けられるような衝撃を受けました。俺の後輩に同じような娘がいて(彼カノ)、その子も高校から20歳ぐらいまで何人の男と寝てきたみたいです。俺にはまったく理解できない行動で、どう対応してよいか、まったく分から別れてしましました。しかし、この本を読んで、少しその子の気持ちも分かり始めたと思います。
今度電話して、今でも苦しんでいるようだったら会って話だけでも聞いてみたいと思います。この本に出会って本と良かったです。ありがとうございます。
  • ぽち
  • 2006/01/09 03:02
実は、私も夏さんと同じようにレイプをされた経験があります。今ままで自分の中にそういう言葉は全くなくて関係ないものだと感じていました。何で私が?そればかりが頭の中を駆け巡っていました。怖くて怖くてホントに怖くて声も出せませんでした。髪をひっぱられ、押さえつけられ・・抵抗したら殺される・・今までにない恐怖でした。レイプなんて言葉この世から無くなればいいいいのに。男なんて信じられない、トラウマになりました。でも、「あおぞら」を読んで少し勇気をもらった気分です。オーバかもしれませんが夏さんのおかげで生きていると実感しています。苦しくて、悲しいのは自分だけじゃないんだと思えたから。。思い出したくもない過去です。できる事なら消したい。まだちゃんと向き合うことはできずに逃げているけど、少しずつ前に進んでいきたいと思います。そぅ感じさせてくれた夏さん、ありがとう!がんばるよ!!
  • 19の女
  • 2006/01/09 03:24
「ぽち」さん、「19の女」さん、コメントありがとうございました。

「ぽち」さん。
僕もこの「あおぞら」は一気に最後まで読んでしまいました。
女の子にしか理解できない気持ちって言うのも少しは理解できたような気になりました。
そう言う行動を取ってしまう女の子はみんながふしだらなんじゃなくて、抜け出そうにも抜け出せなくてもがき苦しんでいるんだと言うことを知りました。

男と女がいる限り、こういう問題は無くならないのかも知れませんが、男の方が女より勝っているなんて男が思うのはとんでもない思い上がりであり、勘違いです。
男が女より勝っているのは体力だけ。
それを女の子に向けて暴力で押さえつけようとするのは最低の行動で、自らそれを認めているようなものだと思います。
この世界は女性がいるから持っているんだと言うことを、夜の男たちは認識しなければ行けないと思います。

この「あおぞら」は女の子はもちろんですが、男性にこそ読んで欲しい本だと思っています。

「19の女」さん。
絶対あなたの「こぅちゃん」を見つけて幸せになってください。
  • あらいぶ
  • 2006/01/10 00:01
2006/01/10 12:01 AMの訂正。

>夜の男たちは認識しなければ行けないと思います。
          ↓
<世の男たちは認識しなければいけないと思います。

失礼しました。
  • あらいぶ
  • 2006/01/10 00:07
この本をよんで、私は、生きる意味、周りの人から支えられて
生きていることを学んだような気がします。
この本を書いた星野夏さんの気持ちは、とてもよく理解でき、
年が近いからか、立場や考え方も、なんとなく似ているよう
に感じました。
実は、今まで学校にも行かず、自殺をはかったりしていました。
生きる意味が分からず、周りの人も信用できませんでした。
だから、この本は、嘘くさい周りの励ましの言葉やどんな薬
よりも、私に大きな影響、勇気を与えてくれました。
そして私は、変わることができました。

  • 2006/01/10 22:44
私がこの本を読んだキッカケは私の母が「とても良い本だから、必ず読みなさい。」と言われた事です。私は小学5年ですけど、友達に「この本感動する」と言われて読んでみて、感動しない本が沢山ありました。ですが私の母が読んでくれた事で「あおぞら」にあえました。とても泣きました。私には彼氏がいます。2人で「あおぞら」をよんでみたいとおもいます。
  • 苺☆姫
  • 2006/01/15 19:12
苺☆姫さん、コメントどうもね。
いいお母さんですね。
苺☆姫さんもこれから楽しいこと悲しいこといっぱいあると思うけど、この本を読んで自分を大切にすることや、ちゃんと人を愛することを読みとれたらいいんじゃないかな?
素敵な人生を送ってくださいね。
  • あらいぶ
  • 2006/01/16 23:46
 私がこの『あおぞら』を知ったのは、ラジオのブックの裏に本の事が乗っていたからです。そして、その日の内にインターネットで本の事を調べて次の日にはもぅ本を購入しました^^ レイプの事や友達の裏切り...そしてその夏さん事全てを受け止めてくれた幸太さん。 その優しかった幸太さんの死.....読み終わった時は涙が止まりませんでした..。
実は、私はあおぞらを購入した日、学校を夏さんと同じで無断欠席しました...教室に居る事自体がイヤになったからです。訳はいろいろと..友達は皆私を裏切り、友達と呼べる子は1人...家を出る時は、いつも道理普通に家を出て...担任はそこら中探していたみたいです。お母さんは何度も何度も私の携帯に電話をして、メールも入れてくれて...。でも、結局は先生に見つかって家に帰ろうと言われ、引き戻されました。家に帰ると私のお母さんも夏サンのお母さんと一緒で『ゆわない限りは聞かないからね』とゆってくれました。そして私も夏さんと一緒で、1回リストカットをしたことがあります。でも夏サンと一緒で深く切れなかった..せっかく親に貰った〔命〕だから勝手に傷つけてイイ体じゃない。と思っていましたが、我慢も限界がありますよね..夏サンのキモチはとっても良く分かります。でも切ったあととても後悔しました。そして、自分が憎くなりました..この傷自体を付けたのは自分だと...。でも、あおぞらを読んで少し前向きになれた気がします!!夏サンに感謝、感謝です^^
  ではこの本をより多くの人に読んでもらえますよーに♥
  • ★13才デス★
  • 2006/01/21 16:23
★13才デス★さん。コメントありがとうね。
生きている限りいろいろ辛いことはあるけど、それでも命を捨てる事を最終手段にしてはいけないと思います。
若いときはいろいろと感受性も強く心も揺れやすいけど、強い自分になれるように頑張ろうよ。
人と比べて裕福だとか恵まれているというのは本当の幸せじゃないと思います。
辛さや悩みを乗り越えられる自分になることが本当の幸せだと思います。
僕は高校の頃イジメにあったこともありますが、いじめられる人の痛みを分かってあげられる大切な経験だったとも思います。

>家に帰ると私のお母さんも夏サンのお母さんと一緒で『ゆわない限りは聞かないからね』とゆってくれました。

いいお母さんですね。
でも、心配しながらも聞かないって言うのは本当に辛い事だと思う。
痛い心を抑えてあなたにそう話したお母さんの気持ちも理解してあげてね。
たまには頭に来ることもある出ろうけど、お母さんを大切に。

がんばれ!!13才!!
  • あらいぶ
  • 2006/01/21 22:08
はじめまして。 あたしもついさっき読み終わりました。
なんで涙がとまらないんだろう・・・なんでこんなに感動するんだろう・・・あたしも夏さんみたいに強い人になりたい。そしてこうちゃんみたいな全てを受け止めてくれる人に出会いたい。夏さんに一度お会いしてみたいです。どんな人なんだろう。きっとしっかり前を見て歩いている人だ。あたしもまっすぐ歩いていく!
  • もっちゃん
  • 2006/01/21 22:20
もっちゃん、コメントありがとう。
ホントにこんなに本を読んで泣いたのはなかった。
友達って大事だなぁと改めて思います。
困難があったときに判りますよね。
離れて言っちゃう友達、言葉だけの友達。
そあいて本気に励まして一緒に同苦する友達。
そんな善友がいてこそ夏さんも乗り越えられたんだと思います。
友達を本気で励ましていける、そんな人になりたいですね。
  • あらいぶ
  • 2006/01/22 11:53
 昨日あおぞらを買って、一気に読みきりました。あたしは本が嫌いで最後まで読むことがないのですが、最初の方から最後まで泣きっぱなしで、気がついたら読み終えていました。誰かから支えられることって本当にいいことですね。あたしもつい最近かなりきついことがあって、まわりにあたったり、自暴自棄になったりしていました。でも周りの人たちも同じように苦しんでるんですよね。なんか自分と重なって余計に涙がとまらなかったのかもしれません。彼氏にも読んでもらいたいと思います。
  • さぁ
  • 2006/01/22 16:04
さぁ・・さん?でいいの?
コメントどうもありがとう。

最近、この「あおぞら」の記事がずっとアクセストップです。
みんながこの本に関心を持ってくれているのはホントにうれしいです。

この本から感じることは人それぞれでしょうけど、みんな賢明に強く生きて欲しいなぁと思います。
それが夏さんの希望でもあると思いますから。

男性には本当に読んで欲しい本です。
絶対に彼氏にも勧めてくださいね。
  • あらいぶ
  • 2006/01/22 18:57
こんにちは・・・。今日(1・23)学校で親友に勧められて読みました。本を読むのが遅い私でも・・・たったの3時間で読むくらい・・・悲しく感動的でした。なんと言っていいのやらわかりません腓覆鵑、心に熱いものを感じた1日でした。この本を勧めてくれて友人、そして辛くても頑張って書き終えた夏さんに感謝です。。。本当に感動して、泣きながら読んでいました。この本が1人でも多くの人に読んでもらい理解して欲しいです!!!『あおぞら』を読んで勇気をもらう人は、いっぱいいるでしょう。ぁたしも、その一人だから・・・・・・感動と涙をありがとう
  • マー
  • 2006/01/23 22:39
初めまして!
書籍『あおぞら』で検索していたら、こんな素敵なHPにたどり着きました。

私は書店でアルバイトをしており、たくさんの本に触れていますが、最近はこういった手記多いですよね?
『あおぞら』は学生から社会人まで様々な人に読んでもらいたいもの・・・
私も勧めていきます!
マーさん、コメントありがとう。
マーさんが言うように、ホントにこの本は読み終えたときに、この本に出会えたことと勇気を持って書いてくれた夏さんに感謝の思いが湧いてきます。
学校で%
  • あらいぶ
  • 2006/01/24 22:45
「らぶ」さん、コメントどうも。
僕も今の仕事の前は通算して20年ほど書店に勤めていました。
書店に勤務していると書籍を通して世の中の流れみたいなのが見えてきませんか?

自称、「あおぞら」購読推進委員の僕としても、ぜひぜひお客さんに勧めてください。

先日書店に行ったら、「あおぞら」が特設コーナーに並んでいました。
関心度が高くなってきた証拠でしょうね。
それを見て、著者でもないのに非常にうれしくなりました。
いち女性が勇気を持って記したこの著書には、文章の上手下手を越えて胸に響くものがあります。
  • あらいぶ
  • 2006/01/24 22:58
1月10日にコメントしてくれた愛さんへ。
コメント遅くなりました。
見逃していたみたいです、どうもすいませんでした。
そして、改めてコメントありがとうございました。

自分の周りに自分を分かって見守っているいる人、そう言う人との関わりがあるから人は生きていけるんだよね。
孤独のまま生きていける人なんて、そうそういないと思う。
そしてそんな人に巡り会えた人は幸せですね。
そんな人たちに感謝しながら生きていけたらと思います。

愛さんも素敵な「こぉちゃん」が見つかりますように。
あらいぶのおっちゃんも心から祈ってます。
頑張ってね。
私は本を読んで泣いた事がありませんでした。しかし「あおぞら」は号泣してしまいました。実話と言う事もありますが、夏さんがレイプされた年が今の私の年と同じだからだと思います。本当に感動しました。                    私は早く誰かに話したくて友達に勧めました。友達は皆「感動した」と言っていました。その後の性格が前より優しくなっていました。この本は、生きる希望が持てる本でもあるし、人を優しくする本でもあると思いました。
この本は誰が読んでも何かしら得るものがあると思いました。
この本を書いてくれた夏さんに本当に感謝します。
miyukiさん、どうもありがとう。
ホントにこの本を読んだあとは気持ちが優しくなりますね。
そして自分を取り巻く人たちへの感謝の思いが湧いてきます。
忘恩は「人間の犯すことのできる最大の犯罪」とは南米解放の父シモン・ボリバルの言葉ですが、自分に関わり見守ってくれる、そして支えてくれる人への感謝の思いを忘れずに生きていきたいものです。
現代はそれが無くなってきてるから、犯罪も多くなっているのではないでしょうか。
あおぞら、本当感動しました。私もこぅちゃんのような優しくて自分のことをずっと好きでいてくれる人が彼氏だったら、絶対自慢してます。
  • キンコ
  • 2006/02/08 18:51
キンコさん、コメントをどうも。
ホントに一生好きでいられる「夏」「こぅちゃん」に巡り会えた人は幸せですよね。
そう言う人に巡り会いながらすれ違いで別々の人生を歩む人もあるかもしれないですね。
出逢いを大切にしていきたいと思います。
ほんとにほんとに泣きながら読みました・・・・。
いまゎもうこの世にこぅちゃんはいないけど夏さん、家族の人達そして本を読んだ私達の心にも生きつづけてるってこと忘れないで下さい!!!
最後に夏さんこぅちゃんはあなたに出会えて幸せだったと思います。
ほんとにこの本を書いてくれてありがとうございました!!!
わたしもこれからこぅちゃんみたいな人と出会いたいなと、思いました・・・・。
  • nao
  • 2006/02/12 11:37
新聞をタマ△澆討討海遼椶ずっと欲しくて本屋へ行って
買って読みました。最初のところでもぅ衝撃があり、この本を読むのが怖くなったのですが、読んでいるうちに涙がポロ△任討て。。夏ちゃんをレイプした人たちが憎くなって男が許せなくなって。。夏ちゃんすごく辛かっただろぅ。。って胸がしめつけられる想ぃでした。。【あおぞら】を読み終わって思ったことゎ・・・。夏ちゃんゎこんなに辛い想いをしてもすごく強い心をもっていてすばらしい子だと思いました。私なら逃げてばかりで辛いことに立ち向かえず自殺していたと思います・・。でもこの本を読んで自分も夏ちゃんみたいに強くなりたいと思いました。この本ゎ女の子。男の子にもたくさんの人に読んでほしい本です。夏ちゃん。この本を書くのに経験を思い出して書くのゎとても辛かったと思います。でも、この本を書いて本当によかったと思いませんか?たくさんの人が、あなたの書いた本を読んで、感動して、元気をもらって、勇気をもらって、同じ経験をした人の励みになって、あなたゎ人が病んでいた心を修正できたのです。夏ちゃんにこの本を書いてくれて本当に感謝しています。あおぞらゎ本で初めて泣けた本です。こんなに感動できた本ゎあおぞらだけです。今まで読んできた本の中で一番大好きな本です。本当にこの本を書いてくれて、ありがとう。
そして元気で、こうちゃんのぶんまで精一杯生きてください。
  • あおぞら
  • 2006/02/13 15:55
naoさん、あおぞらさん、コメントありがとう。
文面を見るとどちらも女性のようですね。
皆さんのコメントに夏さんもまた、いっぱい元気をもらっています。
あなたのこぅちゃんが見つかったとき、また、ふたりで読んでみてもいいんじゃないかな?
この本に出会った感動を大切に、丁寧に人生を生きていきたいですね。
生きることっていいね。私、心からそう思いました。
生きて人と出会い、時に傷つき、分かち合っていくことってホントは奇跡に近いことなのかも知れません。
そして、夏さんがこぅちゃんに出会ったことは私にとっても嬉しいことでした。だから、私も何度こぅちゃんや夏さんをのことを想ったか知れません。そして、何度も何度も泣きました。この本の前では涙は枯れることを知らなかったようですが。笑 
けど、全てを書いてくれた夏さん。本当に今まで頑張ったね。本の中で生きていく素晴らしさ、人を好きになれること、全部奇跡なんだ、って思いました。本当に心から夏さんに幸せになってほしいです。夏さんの幸せがみんなの幸せになるという事を信じています。ありがとう。
  • 元気印。
  • 2006/02/16 21:36
何気なく行った本屋さんでこの本を見つけ購入しました。
読み終わるまで涙が止まりませんでした。
いろいろなことを考えさせられました。
私にも大事な彼氏がいます。
言葉ではあまりぅまく伝えることができない私ですが、
下手くそなりにちゃんと言葉で伝えようと思いました。
そして今以上に時間を大事にしようと思いました。
夏さん、たくさんのことを教えてくれてありがとう。
辛かった過去、思い出して本にすることは本当に辛かったと思います。
こぅちゃんも天国で喜んでいると思いますょ。
夏さんがこぅちゃんのために、自分のためにこんなに力強く生きていること、喜んでいると思います。
命の大切さ、人との出会いの素晴らしさを知ることができました。
夏さん、本当にありがとぅ。
  • chocolate
  • 2006/02/16 23:04
私たちもあおぞらを読んで、心を打たれたふたりです。かっちゃんさっちゃんは、空がスキです。でも、あおぞらに出逢ってからもっとスキになりました。
  • かっちゃんさっちゃん
  • 2006/02/17 11:56
皆さん、コメントどうもありがとう。
沢山のコメントに夏さんも喜んでくれると思います。

元気印さん。
その時はどんなに辛くても、生きるってすばらしいことだとこの本を読んで感じます。
そして何億の人の中で出会う人みんなが、偶然というのはなくて出会うことそれ自体がホント奇跡のようなものなんだと感じます。

chocolateさん。
この本ほど読み終わったあとで購入してよかったと、巡り会えたことに感動する本はなかなかないかも。
恋人同士とか夫婦とか友達とか、言わなくても通じると思うことが大きな誤解を生んだりすることがよくありますよね。
また、伝えなかったがために大きな悔いを残すことも。
大切な人にはしっかりと言葉で伝えていきたいですね。

かっちゃんさっちゃん。
僕もこの「あおぞら」というタイトルが大好きです。
広い宇宙に通じる「そら」僕も大好きです。
たまに、寝っ転がってあおぞらと流れる雲を見てると、ちっぽけなことで悩んでる自分を笑い飛ばしたくなります。
そしていま生きてこの空を見ていることに感謝します。
こんにちわァ。
「あおぞら」読みました。
最初は、レイプの話や下着売りなどの話で正直、怖かった。
でも、読み進めて行くうちに、こうちゃんの優しさ。
優介くんとか、こうちゃんのお母さんとか・・・。
こうちゃんの周りにいた人達の優しさに感動して、泣きました。夏さんが実際に経験した、悲しいことつらいこと・・・
「えっ・・・。ありえない」って思うことまで夏さんは必死に1冊の本の中に閉じてあり、感激しました。
素敵な1冊をありがとう☆
  • ミサ
  • 2006/02/25 15:55
あおぞら・・・
ほとんどの人はすがすがしい物と感じるはずです。
そのすがすがしい表紙とは違って、帯題にはインパクトの強すぎる文字が並んでいました。
僕は、プロローグを読み、それだけで素直に泣きました。

僕も、夏さんに比べたらたいしたこともないのですが、お母さんの自殺、僕のせいという事から始まり荒れた10代、父への反発、法を犯してまで自分の体への暴力、友達との別れ・・・ 
そのまま26になりました。
生きている世界の近さゆえ、体で感じながら読ませていただきました。
涙、涙、涙・・・
何回読んでも、涙ばかりでした。
自分も素直になれる本でした。

レイプした男達はしばきたい。と思う反面、その人達も僕と同じ男・・・夏さん、男代表としてすいません・・・ってあやまってすむ問題じゃないですね・・・

何もかも包んでくれたこうちゃん、あなたみたいな人がなぜいなくなるの??けど、あなたみたいな人になりたいとも思います。

人との出会いってすべて奇跡なのかもしれませんね・・・

夏さんをはじめ、今この時間をみなさんと生きていることを
いいことばっかりじゃないけど、幸せに感じる生涯に一冊のの本でした。 
夏さんと、話す機会はないと思いますが、もし話す機会があるなら、是非、お話したいです。
  • しょうへい
  • 2006/02/25 19:53
ミサさん、しょうへいさん、コメントありがとうございます。

ミサさんの言うとおり「あおぞら」は読んでいて辛い部分恐くなっちゃう部分もたくさんあります。
でも涙まみれで読み進むうち友達や周りの人々の暖かさや大切さを感じて、すごく感動しますよね。
涙なしには到底読めない本ですが最後はさわやかな感動の涙になってます。
そして自分もしっかり生きなきゃなぁと思います。

しょうへいさんのように男の人が読んでくれたことはとても嬉しく思います。
ホントに表紙はさわやかなんですけど、中身はかなり衝撃的ですよね。
一見、荒れてる人も必ず何らかの主張や訴えがあるんですね。
その人なりの心の辛い叫びとか・・・。
僕もしょうへいさん同様、レイプした自分勝手な男たちにはかなり憤りを感じました。
そして今までの自分に反省もしました。
出逢いは奇跡・・・読んだあと自分の周りの人を見る目がちょっと変わりませんか?

ミサさんも、しょうへいさんも、皆さんがこの「あおぞら」に出会ったことが、素敵な人生へのきっかけになればいいなぁと思います。
本屋さんを歩いていたら、「あおぞら」を見つけました。
読んでいくうちに涙がこぼれそうになりました。あおぞらを読んでたくさんのことを教えてもらいました。夏さん、ほんとにホントにありがとう!!!!
  • みぃ
  • 2006/03/08 16:36
始めまして。本を読んですぐホームページを探しました。気持ちが抑えられなくなってしまって。。涙が止まりません私はこの(あおぞら)を友達に進められました。レイプをされたときどうして逃げられなかったのか?っと感じましたが、経験もないのに軽く考えていました。すいません。友達と思っていた人に裏切られたら、人なんて、って友達なんてって誰もが思うはずです。でも高校で出会った4人。何でも話せる友達に出会えて本当によかったと思います。読んでてうれしくなりました。あたしも大事な友達がいます。私は幸せ者だと思います。辛い時に話をきいてくれる人が1人でもいれば心は休まるのです。また自分をみつめたいです。  そして夏さんを好きなこぅちゃん。夏さんとこぅちゃんが会えた事。運命だと思います。二人が出会えたこと本当にうれしく思います。目には見えないけれど。思っている人の心には必ず永遠にいると思います。支えてくれたかけがえのない人々・読者の心にずっといるのです。1人じゃない。誰かとかかわって生きてるんだ。自分が生きてることに感謝。ですね。この本にであえて何かが確実に変わった。そう思います。今度はあたしが伝える番です。長々となりましたが。この本と出合えたことにありがとうございました
  • ガチャ
  • 2006/03/08 18:38
みぃさん、ガチャさん、コメントどうもありがとう。

みぃさんは本屋で「あおぞら」の本を見て買ったの?
数ある本の中でいい物に出会うのは割と難しいと思います。
この本はみぃさんが言うように、ホントに「ありがとう」と言いたくなります。

ガチャさん、長々と(^_^)コメントをどうも。
でも、ホントに有り難いなぁと思います。
夏さんはどん底の時に、ホントにいい友達に巡り会えたなぁと思います。
この本を読んで、いい友達は人生最高の宝物だなぁと思いますね。

コメントはちゃんと夏さんのもとに届けるからね。
ありがとうございました。
18歳の男です。友達に勧められて読んでみました。なんていうか、うまくコメントできません。けど何かを書かずにはいられませんでした。1歳上の夏さん。僕はこの18年間何も問題なく平和に過ごしてきました。だから現実にこんな事があるなんて信じられません。そしてけど事実なんだって思うと辛くて…今までどんな映画でも本でも泣いた事なかったのに初めて泣きました。微量ですが共感できる部分があったからです。なんていうか、けどとても羨ましいです。数々の事件は嫌だったと思いますが、こぅちゃんといい周りの友達、家族、…最高の仲間が近くにいる。それって素晴らしい事だと思います。そして本にしようと思った強い気持ち。誰もがうまく使えるものじゃありません。そしてこの勇気でまた今度は全国に支えあう仲間ができた事…。
やっぱりうまくまとめられませんでしたが、夏さんの強さ、自分も真似て頑張りたいと思います。手紙も近いうち書きます(^^;こんなに影響を受けた本は初めてです。今度は直にもっとストレートに感想述べます!
ありきたりな事、綺麗事ばかりの言葉を並べてすみません。ホントに言いたい事ってうまく言えないもんだなぁって実感しました(^^;
  • 太陽族
  • 2006/03/11 21:36
太陽族さん、コメントありがとう。
コメント遅くなってごめんなさい。
男の人が読んでくれるのは嬉しいです。
ホントに僕も本を読みながら何度涙を流したことか・・・。
よかったら友達にも(男)勧めてくださいませ。
これを読んでもっともっと男性は、
女性を大切に思うようになって欲しいなと思います。
はじめまして。学校で友達に借りて読みました。
学校で読んだのに泣いてしまいました。
とても感動しました。
夏さんの周りにいるあたたかい友達にとても憧れました。
こんなに感動した本は初めてでした。
この本に出会えて幸せでした。
  • ちー
  • 2006/03/16 21:08
ちーさん、コメントありがとう。
学校で読んでたの?
泣いてるちーさんを見て友達は心配したんじゃない?
夏さんは苦しんだ分、ホントの友達って言うのが見えてきたんじゃないかなぁ。
それもやっぱりこぉちゃんのおかげでしょうね。
ちーさんも素敵な友達とすばらしい人生を送れるといいね。
昨日、「あおぞら」を読みました。読み終わっても涙が止まらず夏さんへ手紙を書きました。今日の朝、この本を検索したところ、このブログに出会いました。何より、夏さんからのメッセージに「元気でいる」という言葉があっただけでほんとに安心しました。
そして、こんなにたくさんの人たちがこの話を読んで夏さんのことを知り、大切なことを教えてもらって、今を生きている。スゴイことだなと思います。
ひとりの女の子が背負うにはとてつもなく大きな過去だったろうと思います。
でもこうちゃんという存在がいたことで夏さんは新しい命を吹き込まれたんだと思いました。
あらいぶさんの言うように、ほんとにこの本は男性の方にこそ読んでほしい1冊です。人に対してこんなにもツライ思いをさせていいなんて権利は誰にもありませんから。
最後に、夏さんとこうちゃん、夏さんを支えたみなさんに。
この本で私も大切なことを教えられました。
ホントにありがとうございました。
  • ヘレン
  • 2006/03/18 11:47
ヘレンさん、どうもありがとう。
ホントにこの夏さんの「あおぞら」は読んで勇気をもらった人、
友達の大切さを再認識した人、やさしくなれた人など、
影響を受けた人が沢山いると思います。
この本の夏さんのメッセージを受けて、
今度は僕たちがそれをどういう風に生かしていくかですね。
私はあるメルマガでこの本がオススメされていたので読んでみたいなぁ〜と思っていました。実際本屋さんで手に取った時買おうかどうか正直迷いました。「読んでいて怖くならないかな??」と不安になったからです。でも思い切って買ってみました。普段本をまったく読まない私が2日で読み切ってしまいました。そして自然にポロポロと涙を流してしまいました。こぅちゃんの優しさ・・・。こぅちゃんのために折り鶴を折ってくれる友達・・・。心配してくれる家族・・・。そしてなによりも泣いてしまったのは夏さんの日記でした。こんなに辛いんだなぁと思うと涙が止まりませんでした。太陽族のアルバムも借りました。「手をつなごう」大好きです。他にもいい曲がたくさん入っています。この本を買ったこと後悔はしていません。反対に今まで読んだ本の中で“峭イです。夏さんありがとう。こぅちゃんありがとう。そう思える1冊でした。
  • なおみ
  • 2006/03/24 23:06
なおみさん、コメントありがとう!
ホントに夏さんの手記は、読みながら男の僕でもずっと泣きっぱなしでした。
そう言えば太陽族の歌って聴いたこと無いです。
レンタルとかに置いてるのかなぁ・・・。
今度一度聴いてみよう。
夏さんが作った歌も聴いてみたいですよね。
辛いことがいっぱい書いてある本だけど、読んだあとは暖かい気持ちになります。
始めまして。
まだまだちっさい11歳の美王というガキです。
この本を読んでいろんなことを知りました。
これからもココにカキコします。
よろしくです。
  • 美王
  • 2006/03/30 22:29
美王ちゃん?美王くん?
どっちか分かんないけどコメントどうもね。
11歳のガキだって、もういろんな事を理解できるでしょ?
僕は美王さんのような子どもたちと毎日一緒にいるけど、
たまぁに、大人だなぁと感じる時もあります。
いろんなモノを見て、感じて、考えて、素敵な大人になってください。
あいらぶサン、ありがとう。
ついでに「美王チャン」です。
一応女ですww
性格は男っぽいケド・・・。アリャリャ\(^o\) (/o^)/コリャリャ
  • 美王
  • 2006/03/31 21:42
美王ちゃんは11歳だと4月から6年生?
男っぽいっていうけど、僕が知ってる11歳もみんな男っぽいよ。(^_^)
だいたい、このころの年代って男子より女子の方が強い。
精神年齢も同年代だと女子の方がずっと上。
男の子が子どもだなぁって思うことない?
ハイ、4月から6年生です。修学旅行とかあります。
私のクラスの男子はめずらしぃーくませてる男子が多いです。
でも、やっぱり「子供だな」って思う時あります。
バトル鉛筆で対戦してる時とか。

そういえばこの前、友達が、
「ウチのお父さん、マイルド7、吸ってるの」
と、聞きました。
その時、私はこぅちゃんを連想して、イメージにつけて聞いてました。
今思うと、なにかと「あおぞら」に関連させてるって時が多いのに気づきます。
ってことは頭の中につねに「あおぞら」があるってこと。
そこまで私に影響を与えたのかって思うとスゴイ!!(*´ー`)
  • 美王
  • 2006/04/01 21:30
「あおぞら」はずっと心に残るよね。
しばらくは思い出してはウルウル(/_;)したりして。
小学校は夢があって一番楽しいときかもしれないね。
そして一番成長する時期でもあります。
中学校・高校と進むと勉強も難しくなっちゃうし、決まり事も多くなってくるからね。
あと1年を存分に楽しんでください。
修学旅行はどこだろうね?
津軽の小学校はもっぱら北海道です。
ハイ。
この一年間で思いっきりバカやっときますww
神奈川の西の方の小さな市でゎ、日光に行きます。
私も小3からの夢があったりします。
確かに今が1番面白いかも。
うん。゚+。v(。・ω・。)v゚+。
  • 美王
  • 2006/04/02 21:32
 わたしは当時レイプされた夏さんと同じ14歳です。『あおぞら』の公式サイトにも書き込んだのですが、わたしもつらい過去があります。それは高校生の男に人気のないところで呼び止められて押し倒されたことです。そのときは怖くて震えが止まらず、声も出ませんでした。でも隙をみて逃げることができ、未遂で終わりました。ささいなことで、わたしは暗くなってしまいました。そのこと以来、わたしは食事も喉をとおらず、どんどんとやつれていきました。気づいた時には体重も10キロ以上減っていて、驚きました。家族も泣きながら「ちゃんと食べて。じゃないと死んじゃうよ。そんなの許さないよ?」と何度も言ってくれました。
 そして本屋に行ったとき、目につき『あおぞら』を買いました。ゆっくりと読んでいく中で、自分の過去を思い出しました。「あの時逃げていなかったら、わたしはどうなっていたんだろう…」と思いながら。本を読んでいく中で、自分はものすごく弱いんだと感じました。夏さんはわたしよりつらい経験をしているのに、頑張っています。そしてわたしよりつらい人はもっとたくさんいるんだを思いました。前向きに生きようと決心しました。
 そして、わたしも元気を取り戻しました。体重も少しずつ戻していき、今は以前の明るいわたしに戻りました。
 たくさん書いてしまいましたが、泣きながら書きました。このことを書くごとに、心にまだ少しあったものがすっきりしていく
気がしました。
 『あおぞら』は、わたしを元に戻してくれた、大切な「宝物」
です…。すべての人に、おすすめします。
  • みほ
  • 2006/04/03 10:39
こんにちは私は中2の女の子です。
夏さんが勇気を出してこの本を書いてくれて本当によかったと思います。あるところでは幸せになんの不幸も経験したことの無い人がいる中で夏さんのようにいろんな嫌なことを経験した人もいるってコトが分かりました。この本を読んで涙が止まらず同じ女としてところどころ読んでいるとつらいところがありました。そんな事から本当に夏さんはどんなつらい事でも美化せず何もかもを書いてあってすごいと思います。夏さんにはすばらしい家族友達こぅちゃんとの思い出があります。これからも頑張ってください!!!
  • ゆき
  • 2006/04/03 11:57
私たちの心のこもったコメントが夏さんに届いたらいいのになぁ☆
  • ゆき
  • 2006/04/03 12:02
美王ちゃん、コメントありがとうね。
同じく近場の修学旅行でも2県をまたいでるからまだいいかも。
津軽のここいらは海を越えるとは言えすぐ隣だから。

その時その時期じゃないと出来ない事ってあるから。
僕が今後悔しているのは、もっとちゃんと勉強しておけばよかったなぁと言うことと、ドラムをあと10年早く始めたかったこと。

あ、美王ちゃん。
ここのコメントは「あおぞら」関係だけにしたいから、
今度は違う場所にコメントちょうだいね。
ちゃんと発見するから。(^_^)/~
ハイ^^
了解しました☆

わたしの場合、トモダチに借りて『あおぞら』を読んだのですが、
学校で約20P、家で夕飯の時間までに読み終わるほど夢中になったのです。
わたしは4年のころから本にはまって、勉強の時間と(学校にいる時間も混ぜて。)トモダチと遊ぶ時間以外ほとんど本に費やしてるくらいだったのですが、こんなに夢中になって早く読み終わるのは初めてでした。
その時、この本がとてつもなく返したくなくなったのです。
そこまでこの本にはまってたのかと思うとビックリしました。
でも買おうとしてその本のことを親に話すと、
「一回読んだんだからちょっとがまんして。」
と言われました。
まだ『あおぞら』は私の手元に来てないけど、隙があればゲットしたいなぁ。( ̄m ̄*)
  • 美王
  • 2006/04/03 21:26
みほさん、コメントどうもありがとう。
恐くて辛い思いをしたんですね。
男はどうして腕力に物を言って後先考えずバカなことをするんでしょうね。
そんなことをしたら相手がどんなに傷つくか、
自分の身にあてて考える想像力が欠落していると思います。
話は違うけどイジメもその一旦です。
自分がそう言う風にされたらどうなるか?
それを考える想像力がない人が多いように思います。
「困難があるから不幸なのではない。困難に負けるから不幸なのだ」
と、誰かの言葉がありました。(名前、忘れたけど・・・)
みほさんが、負けずに一歩一歩まえに歩んで行かれることを祈ります。
ゆきさん、(ゆきちゃんかな?)コメントありがとう。
「あおぞら」は、同年代の女の子にはとても訴えるモノがあるようです。
世代を越えた越えた僕でも言葉に出来ないほどの悲しさと感動を覚えました。
中には「あおぞら」を批判的な眼で見る人もいるようですが、それは、ゆきさんが言うような何のつまずきもなく幸せに暮らしている人かもしれない。
この本を読んで少しも心の琴線に触れない人の方が僕は不可思議です。
ゆきさんや、ここに書かれた方のコメントはちゃんと「夏」さんの元に届いていますから、安心してください。
美王ちゃん、レス早いねぇ。
本を返したくなくなったその気持ち、よく分かります。
美王ちゃんの年代だとお小遣いの関係もあるから、そうそう欲しい本も手に入らないか・・・。
僕は今、以前スイミングに通っていて、辞めて半年以上もなるのに忘れずバレンタインにチョコをくれた読書好きの娘に、この本をプレゼントしようかなぁと思っています。
美王ちゃんじゃなくて残念!!
頑張って「あおぞら」をゲットしてくださいね。
コメントありがとうございます。そうなのかもしれませんね・・・やっぱりなんの不幸もあじわった事の無い人にはこの本の内容は理解できない部分やよくないと批判する人がいるかもしれませんね。でも私はそうだからこそ世の中にはこう言う運命や人生があると言う事をもっとおおくのひとに知って欲しいです。
  • ゆき
  • 2006/04/04 10:25
ゆきさん、わざわざレスありがとう。

夏さんのことを、中には悪に流され精神的に弱すぎるとか、世の中にはもっと悲惨な眼にあったり夏さん以上の困難を乗り越えて頑張っている人がいるとか批判する人もいるでしょう。

確かにその通りだと思います。
でも、その心の傷や精神的な尺度は人それぞれ違うと言うことです。
安易にそのくらいでなどと批判できるものではないと思います。
体力のある人から見れば疲れやすい人を、なんでこのくらいの仕事でと思うだろうしね。
痛い、辛い、恐い、せつない、感情はみんな微妙に違うと思う。
実際は当事者でないとホントのところは分からないでしょうね。
批判は批判として、こんなにも多くの人が「あおぞら」に感動して、勇気をもらっているわけですから、それでいいんだと思います。
はい、今がんばって貯めてるところです。
まだまだ遠いから誕生日に買ってもらおっかな〜。
あ、また脱線したww
読書好きすぎても痛いですね。
視力落ちちゃった・・・。
今日、『あおぞら』の筆者、星野夏サンの顔をいきなり見たくなりました。
きっときれいな人なんだろうなぁ・・・。
あいらぶさん、バレンタインもらうなんてきっと素敵な方なんですね!!
でゎ、おやすみなさーい♪ヾ(*´∀`*)ノ
  • 美王
  • 2006/04/04 21:39
夏さん、3月28日の「スーパーニュース」にインタビューを受けて出てたんですけどね。
僕んところはフジテレビの放送局が無いから見れませんでした。
インタビューで伝えたいことはの質問に「こぅちゃんのすばらしさを知って欲しかった」と言うようなことを話されていたそうで、そのコメントに、番組を見ていたある方はガッカリしたと言ってました。
たぶん、夏さんが本当に言いたかったことはそう言う事じゃなかったんだろうと思います。
自分のことを言うのは言い辛いものですから。
美王ちゃん、「お休みなさーい」って9:39だよ?
割と早寝早起き?
あと、僕はただのおっちゃんです。
 あらいぶさん、お返事ありがとうございました。
 あの過去から、わたしは男の人の力はどんなに抵抗しても勝てないということが分かりました。自分が頑張って自力で抵抗しても相手の方は欲望をおさえきれなくてどんどんいろいろなところを触ってきました。そのときから今まで、男の人は信じられなくなりました。
 でも、あらいぶさんのような男の人がたくさんいると、女の人からみて安心します。このまえ勇気を出して親友にその過去を話したら、友達は泣きながら「男は最終的にすることは一緒なんだから気をつけたほうがいいよ」と言ってくれました。でも、それは違うのですよね。この世界の男の人全員がそうではないと思うのです。優しい人も必ずいます。
 わたしはあの過去を思い出すと必ず苦しくなって泣いてしまうのですが、友達や家族に話していくと本当にすっきりしてもっと
元気になれます。
 つらい過去は、いつか必ず乗り越えられると思っています。そ
して今、わたしは彼氏がいます。優しい彼です。でもこれから先のことは、注意していかなければならないです。未来を楽しく、安心して生きていこうと思います。
 長い文章になってしまいましたが、あらいぶさん、本当に感謝
します。またこのサイトに遊びにきますね。ありがとう。
  • みほ
  • 2006/04/05 12:40
えっとですねー、私は夜型人間でベットに入っても30分はねませんww!!
でも3さい下の弟と、6歳下の妹がいて、寝る準備があったりするので昨日のカキコよりもうちょっと遅い時間(9時50分くらいに)やめるので。
昨日はもうカキコのネタが無いので「おやすみ〜・・」と。
夏さん・・・出てたんですか・・・
見ればよかった・・・。_| ̄|○ |||
その時によって絵を書いてた・・・。_| ̄|○
誕生日が近いのでお父さんにおねだりしてみます。
  • 美王
  • 2006/04/05 21:21
みほさん、わざわざレスありがとうございます。

現在は優しい彼もいて立ち直っていってるみたいでよかったです。
なかなか辛い記憶は消え去らなくて、彼といるときにも思い起こしてしまうことがあるかも知れません。
その時にちゃんとみほさんを優しく受け止めてくれるか、理屈を付けて自分の道理でワガママを言ってこないか、彼の態度で見極めていくことが出来ると思います。

みほさんを無理に納得させようとするような理屈を言ってきたら赤信号です。
全部が全部は当てはまらないかも知れませんけどね。
好きになってしまうと、どうしても不合理を感じながらも納得しようとしてしまうことがあるので、自分を律する冷静さも時には必要だと思います。

友達も彼も、苦境に立ったときにどういう態度を見せるかで本物かどうか見えてくるようです。
今の彼との未来に水を差す訳じゃないですけど・・・。

今の彼がみほさんにとっての「こぉちゃん」であることを願っています。
「あおぞら」に出会ったみんなが幸せになれますように。
昨日(3月4日)のブログに美王ちゃんのこと書いたけど、弟とその下に妹なんて、ますますおっちゃんの知ってる彩佳って子に似てる。
お父さんにおねだりはいいかもしれないね。
父親は娘のお願いにはすごく弱いから・・・。
 あらいぶさんこんにちわ。たくさん返事を書いてくれて嬉しいかぎりです…。今日は報告があって書き込みました。どうしても
あらいぶさんにこの文を見てほしくて。
 実は昨日、彼氏にあの過去のことを話しました。彼は最初は驚いていましたが、だんだんと泣きながら話しているわたしに、手を握ってくれました。「つらかっただろ?もう大丈夫だから」と言ってくれました。それは「こうちゃん」の言葉みたいでした。安心したのか、わたしはたくさんの涙があふれました。彼はやっぱり、わたしの「こぅちゃん」だったのでしょうか。彼はなぐさめながら抱きしめてくれました。世の中にはやっぱり、優しく立派な男の人がいるのですね。
 そして今日、彼の家に『あおぞら』の本を持っていきました。わたしは本を渡してすぐに帰りました。一緒に読みたかったけど彼は「ひとりで読むよ」と言い、わたしの家までおくってくれました。
 わたしはこれからも、彼氏を大切にしていきたいと思います。

 『あおぞら』だけでなく、他の皆に支えられて自分があると思っています。そして彼氏に過去をいう勇気をくれたのはもしかしたらあらいぶさんだったのかな…?それともまた乗り越えられたのかな…?このサイトのおかげで、わたしはまた元気になったよ
うな気がします。

 まだ14歳のわたしだけど、ちゃんと愛する人がいます。これからはいろんなことに気をつけていきたいです。

  • みほ
  • 2006/04/06 12:51
こんにちは。あらいぶさんお返事ありがとうございました。
みほさんのコメントを見てみほさんと年が近くてもし自分だったらなぁと思いました。本当に怖かったでしょうね・・・。男の人は、みほさんの言うとおり自分の欲望のために力任せに最低な行為をする人が世の中にいるって事がわかりました。でも、愛している人がいるって事は、すごく幸せな事だなぁと思いました。私もあらいぶさんのおかげで救われている人はいっぱいいると思います。私もたくさんの勇気をもらいました。こんな人がもっとこの世の中にいたらなぁとこのレスを見るたびに思います。

  • ゆき
  • 2006/04/06 17:08
みほさんへ。
この場を借りてみほさんに言いたい事があります。人に話したら、スッキリするって言っていましたよね。もしそうならここでは、言って下さいね。大切な彼と幸せになってください。これからいろんなことがあると思いますが。乗り越えていってください。

何事もファイトですよ!!!!
  • ゆき
  • 2006/04/06 17:20
あははっ
でもお父さんの誕生日にはそれなりの事して均等にしときます☆
もうすぐ誕生日だから・・・。
その彩佳って人、共通点が多くてビックリしました。
彩佳さん・・・どんな人なんだろうって、想像しちゃいます。
今日、親友が私が『あおぞら』借りた友達から『あおぞら』を借りてました。
今日遊んだ時に読んでいたのですが、一気に読んでました。
はまったらしくて、「今日は終わり!!」と言った後もまた見たりしてました。
私も少し読みました。
また涙が込み上げてきたけど、人前だったので我慢しちゃいました・・・。_| ̄|○
  • 美王
  • 2006/04/06 21:38
みほちゃん、コメント見ましたよ。
勇気を持って話した彼に受け止めてもらえてよかったですね。
正直、彼にも事の重大さはまだちゃんとは分かっていないと思いますが、
みほさんの言葉をまっすぐに受け止めたというのは嬉しいですね。
彼は「あおぞら」を読んで女の子がどういう感情を抱いているのか改めて認識することでしょうね。
みほちゃん、ここからがスタートだよ。
しっかりね。応援してるよ。
ゆきちゃん、コメントありがとうね。
日頃スイミングでゆきちゃんやみほちゃんのような年代の子と接しているから今の僕の考え方があるんだろうと思います。
その娘たちといろんな話をして、大人な部分もいっぱいあるなぁとも感じるし、世間一般が考えるほど子どもじゃないなぁと思う。
生まれたその時から親とも他の誰とも違う人格があるわけですから。
経験上、アドバイスできることはしていきたいし、大人だって子どもの部分はあるわけですから、一緒にバカやってることもあるしね。
ほんと、ただのおっちゃんですから。
てっきり、「美王ちゃん」の方にコメントくれるかと思っていたけど、こっちに来たか。
美王ちゃん、あははっじゃないよ。
父親にとって娘はお母さん以上に大切な人なんだって。
年頃になると「ウザイ!」とか「キタナイ!」とか邪魔者扱いする子もいるけど、父親ってどんなに愛おしくても異性である分、見守るしかできない歯がゆさってものもあるんだよ。
それをオリジナルの歌にしたのが「TT-ALIVE」のホームページの方にある『with』って言う曲です。暇なときにでも聴いてみてね。(へたくそだけど・・・)
明日から新学期。(入学式の準備で今日出校したかな?)
勉強も遊びもバンバン頑張ってね。
ゆきさん、わたしへのコメントありがとうございます。同年代の子にそうやって言ってもらえると嬉しいです。本当に涙しながら見ましたよ。嬉しくて嬉しくて…。ゆきさんはわたしの親友に似ています。何事も相談にのってくれて、自分の意見を述べてくれる、大事な友達です。そして、こうやってわたしのことを心配してくれる人はたくさんいるのですね。人は絶対にひとりではないと思うのです。誰かに見守られているから生きていけるのですよね。あの過去を振り返り、向き合うことはわたしはまだできませんが、時間をかけて考えていきたいと思います。

過去はかえられないけれど、未来は自分でつくれますよね。人間は、どうして男と女がいるのでしょうか。でも、両方がいなくなると考えたら、子供はできない…。なんか、すごいと思いませんか?やっぱり、男と女は助け合いながら生きていくのですね。

ゆきさん、本当にありがとう。まだ彼を信じることはまだできませんが、これから先の未来は、彼や家族、そして大事な人たちとつくっていきたいと思います。そしてゆきさんも、わたしの大事な人です。いつもここに書き込むと心がすっきりします。これからもよろしくです!!!
  • みほ
  • 2006/04/07 19:31
【あらいぶさんへ】

あらいぶさんには、本当に感謝しています。なんか書き込んでると同時に、わたし、なんか明るくなっていませんか!!?

最近、ニュースで女子高生がホテルで暴行されたという事件がありましたよね。そのとき、過去がわたしの頭の中に広がり、また泣きました。正直、思い出すと本当につらいのです。ひとりでいると、いつも思い出してしまいます。どうして過去はいつまでも消えないのでしょうか?でも、消してもなんの意味もないと思います。

過去があってこそ、彼に出会えたのです。そしてあらいぶさんやゆきさん…『あおぞら』。大切な宝物に出会いました。これは運命だと思っています。出会いや運命って素晴らしいですよね?わたしはそういうのを信じてしまう方なのですが…。でもわたしのことを深く考えてくれたあらいぶさん、そしてゆきさんには過去を乗り越えようとしているわたしにとっての「ヒーロー(?)」でしたよ!?そして、今のわたしの好きな言葉は『ありがとう』なんです。お礼って、本当にいいですよね。わたしは最近、挨拶にハマっています。時々母と散歩をするのですが、向かってくる人には必ず挨拶をしています。あらいぶさんも、バスに乗る子供たちに挨拶しますよね?言葉をいうのは不思議なものですよね。でも
時に傷つけたりします…。でもそのあとにはあやまる言葉があります。わたしは人間に生まれて本当に良かったと思っています。
  • みほ
  • 2006/04/07 19:45
私の学校では5日に始まってるのです・・・;;;
悲しい。
来週からもう給食はじまっちゃう・・・;;;
お母さんが「お金ためるなら買っていいよ。」
って!!
『あおぞら』がんばってかうぞぉ!!
  • 美王
  • 2006/04/07 21:33
みほちゃんへ

>今のわたしの好きな言葉は『ありがとう』なんです。
僕も子どもたちが何かしてくれたときなどは「ありがとう」と言います。
「どうも」じゃなくてね。
子どもたちにはちゃんとお礼を言いたいと思うから、
仲良しの子にもちゃんと「ありがとう」です。

>バスに乗る子供たちに挨拶しますよね?
僕は「おはよう」とか「こんにちは」とか言ってるけどね。
でも、子どもたちは言わない子が多いですね。
いくら学校で教えても出来ない子が多いです。
これはやっぱり親のしつけというか親の普段の姿勢ですね。
親が挨拶しない子はやっぱりこっちが言っても挨拶を返しません。
僕に面と向かっても挨拶しない親(大人)って結構います。

でも子どもたちの場合は挨拶はしないけど何らかのリアクションはあります。
それが一種の挨拶代わりみたいなモノでしょうか?
ほとんど身内の車に乗り込んでくる感覚なんですよ、子どもたちにとっては。
こちらが挨拶のことを注意しても、親が挨拶しないじゃ言っても仕方がないです。
ただ挨拶もリアクション(コミュニケーション)もなく当たり前のように乗ってくる子どもに対しては、おっちゃんも多少厳しくなります。
ちょっと「あおぞら」から脱線しちゃいました。

男と女は互いを補い合うものだと思います。
それを、性別の短所につけ込むようなことはことはいけないと思います。
みほさん、もっともっと明るくなって下さい。
これからは女性の時代です。
女性は周りの雰囲気を明るくする太陽ですよ。
そうですよね。子供って挨拶しない子が多いですよね…。でもわたしもそうでした。実はスイミングスクールに通っていたことがあって、バスの運転手さんに「こんばんわ」と言われても何も言わずただただ軽く礼をするだけでした。でも挨拶した方の気持ちを考えてみると、ちょっと傷つきますよね。学校や塾でも、先生や友達などにはちゃんと挨拶しています。登校中も「おはようございます」を言って返ってくるとすごく嬉しいです。

『あおぞら』の話になりますが、この前フジテレビの「スーパーニュース」に星野夏さん本人が出ていたんですよね。わたし途中からですけど見ましたよ。アナウンサーが朗読をしていました。
最初から見たかったなぁと思いましたが、顔がモザイクの夏さんが、なんか綺麗に見えました。会ってみたいとも思いました。今
ブレイクしているんですよね。読者として嬉しいですね。わたしは文を書くのが好きなのですが、近々(といっても未来?)に、過去のことを振り返り、ノンフィクションで自分だけの本を書きたいなぁって思っています。勿論、出版はしませんが…。

あと最近は桜の木を携帯のカメラで撮ったりしています。桜って和みますよ。明日、天気が良かったら家族でお花見に行く予定です。昨日始業式だったのですが、なんと大事な親友とまた同じクラスになりました。嬉しくてまた「運命!?」とか騒いでしまいました。わたしが友達を想っているように、友達もわたしを同じように想っているんですね。
  • みほ
  • 2006/04/08 08:41
お久しぶりです。
あらいぶさん、コメントありがとうございました。私夏さんが出ていたテレビ見逃してしまったんですよ・・・。見たかったなぁ。

みほさん最近どうですか??頑張って下さいね!!!!
何か進展があったらカキコしてもらえたら嬉しいです。

あらいぶさんがただのおっちゃんだったら私はただのおばちゃん????
あらいぶさんスイミングの先生なんですか?もしあらいぶさんが学校の先生だったらいい学校生活をおくれる人がたくさんいると思います。スイミングこれからも頑張ってください。
  • ゆき
  • 2006/04/10 14:48
あらいぶさん、そしてゆきさんへ。

もう春の陽気ですね。わたしの学校にある桜の木が満開ですごく
綺麗です。

昨日、彼が『あおぞら』を読み終えました。そして感想をわたしにメールを送ってきたので、その内容を(省略して)書き込みたいと思います。

【ミホへ。本、読み終えたよ。前半は、女の子のつらい気持ちがわかったよ。これからの俺らにだって関することも書いてあったよな。だから俺もフザケ半分で間違ったことしないようにするから安心してよ。こうたさんて優しいな。俺もこうたさんみたいになりたいよ。そういえばインディーズの「太陽族」のアルバム、兄ちゃんが持ってたよ。だから明日CD持っていくね。長くなっちゃったけど、これが俺の気持ちだからさ。ヒロより】

わたしの彼氏の名前は〔ヒロ〕といいます。なんとヒロのお兄さんが「太陽族」の大ファンだったのです…。つくづく運命を信じてしまったわたし…。今日ヒロに借りて聴きました。本当にいい曲ですね。サビのところが大好きになりました。

皆さんも一度、聴いてみて下さい。         
  • みほ
  • 2006/04/10 16:21
ゆきちゃんへ
ゆきちゃんの年齢でおばちゃん?などと言わないでください。
それじゃ僕は「おじいちゃん」になっちゃいます。
僕は子どもたちのレッスンはしていません。
バスでスイミングに来る子どもたちを送迎しています。
そのバスの中で子どもたちといろんな話をするわけです。
害が無いと思っているのか、子どもたちは割と何でも教えてくれます。
辞めてから何年も経った子どもたちも、いまだに1号車を見かけると手を振ってくれます。(久しぶりに見ると大人っぽくなっていたりして)
それがまた、おっちゃんにはすごく嬉しい。
おっちゃんが先生になったら・・・??
一緒に遊んでばっかりで子どもたちは勉強しないかも?

みほちゃんへ
彼に「あおぞら」を見せてよかったですね。
前にも言ったように「あおぞら」は男性により多く読んで欲しいと思っています。
男性の自分本位の行動でこんなにも女性は苦しむんだと言うことを分かって欲しい。
僕も過去に悔いはあります。
だからなおさら「あおぞら」は心に響きました。
そちらは桜が満開なんですね。(って、どこだか分かんないけど・・・)
こっち(青森)はまだまだ先の話です。
桜が満開になるのは今月の末頃だと思います。
まだまだ、肌寒い毎日です。

新学期でいろいろ環境の変化とかもあると思いますが、
ゆきちゃんも、みほちゃんも、風邪を引かないように。
微妙にお久しぶりです。
今日、学校の帰りに友達と『あおぞら』のことを話しました。
こぅちゃんについて、夏さんにいて・・・
いろんなことを話しました。
こうして友達と何かを話してると、つくづく幸せだなぁ。
と実感しちゃいます。
・・・オヤジくさいカナ?
  • 美王
  • 2006/04/11 21:33
みほです。わたしの住んでいるところは関東ですよ。桜はやっぱり綺麗ですね。でも最近、雨が多いんですよ…。この前はお花見に行けなかった…。早くしないと雨で散っちゃいます。お天気では、いちばん晴れが大好きです。「青空」も大好きですよ。

わたしの学校では朝読書というのをやっています。金八先生の影響を受けたのか、週に二回ほど朝の十分間やっています。皆、真剣に読んでいて感動しますよ。わたしは『あおぞら』を読み返しています。なんかいっつもうるさい男子とかが静かに読んでいると驚きます。やっぱり読書っていいですね。

本といえば…皆さんは、好きな作家とかいますか?
わたしは江國香織さんが大好きです。代表作に『神様のボート』などがあります。あとは佐藤律子さん。代表作は『種まく子供たち』や『空への手紙』などがあります。特に『空への手紙』という本は読んでいるだけで涙が出てきますよ。他にも、梨木香歩さんや俵万智さんなども好きです。あと詩人(?)ではあいだみつおさんやナカムラミツルさんが好きです。

またたくさん書いてしまった…。すみません。
  • みほ
  • 2006/04/11 21:50
美王ちゃん、幸せだなぁって感じれるっていいですね。
その心が大切です。
友達と話したり普通に過ごせることがホントは幸せなことなんだって、
そう思える人が何人いるでしょうか。
幸せはその人の環境とかじゃないよ。
その人の心の中に幸せはあるんだと思います。
みほちゃんは読書が好きなんだぁ。

読書好きの人って好きですよ。
僕が好きな作家は浅田次郎さんです。
ミステリーでは野沢尚さん、東野圭吾さん、雫井脩介さんなど。
最近は荻原浩さんなんかも気に入っています。

最近、テレビとかで関東方面の桜がよく出ています。
そうかぁ、雨が多いんだぁ。
昨年は桜の写真とかあんまり撮れなかったんで、
今年は天気に恵まれて欲しいなぁと思っています。
名所もいいけど僕は山桜が好きです。
山肌に1本だけ華やかに咲いている桜とか。
あらいぶさんて山桜が好きなんですか…。かっこいい☆わたしの県のとある「○○山」では今ごろ山桜が咲きます。綺麗ですよ。
今日は午前中少しだけ雨が降りました。でもすぐやみました。今度の連休(土・日のどっちか)友達と夜桜を見に行く予定です。家族とも見たかったのですが、都合がつかなくて…(寂)。友達5人とわたしで行きます。楽しみです。でも夜なので気をつけなくてはいけませんよね。たとえ多人数でも、皆女の子だから…。彼氏も誘ってみようかと思っているんです。あと彼氏の友達も。

昔は「花より団子」だったわたし。でも今は花の方が好きです。せっかくのお花見なので飲んだり食べたりより、やっぱり桜がメインですよね。
  • みほ
  • 2006/04/12 18:25
あらいぶさんコメントありがとうございました。先生じゃなかったんですか。勘違いしちゃってゴメンナサイ。辞めた生徒さんたちが今でも手を振ってくれるってコトはそれだけあらいぶさんの存在が大きいってことですよね。
私は何でも話せるような先生がいいんですよ。そういう先生とか大人の人ってなかなかいませんよね。だけどあらいぶさんにだったらなんか心を開いちゃいます。

  • ゆき
  • 2006/04/12 19:45
みほさんへ♪♪
みほさんの彼氏さんはしっかりしてますね。このメールを見てわかりました。この人はみほさんを支えてくれると思います。こんな事を言ってくれるような彼氏が居るって事が私はすごくうらやましいです。彼氏さんとはこれからもなかよくして幸せになってください。私もそんな彼氏作りを頑張ります。
  • ゆき
  • 2006/04/12 19:53
みほちゃんへ
ずっと桜・桜・桜の景色も好きですよ。
青森で有名なのはやっぱり「弘前公園(城)」の桜ですね。
でも、人が多すぎて思うように写真を撮れないし、
あまのじゃくだから写真を撮るのは人がいないところが好きなんですよ。
昔の職場の近くにすごく綺麗な桜並木があったんですけど、
新しい道路を造ったせいで移植されて不格好で無惨な桜並木になりました。
移植したせいで花もあんまり咲かなくなっちゃったし・・・。
山桜のいいところはあんまり人の手が入ってなくて
なんか凛としているような所です。
ゆきちゃんへ
大人って(自分もだけど)自分の物差しでばっかり物を言ってくるからね。
自分も同じ年頃の時があったはずなのに・・・。
でも、ちゃんと自分の経験をふまえてアドバイスしてくれる人もいるはず。
それを見分けるのはなかなか難しいけど・・・。
僕だってゆきちゃん達と同じ年代のこと接していなければ、
普通の嫌みなおっちゃんかも知れません。
たぶん、実際に会ったらきっとガッカリするでしょう。
ただの髪が薄くなったその辺のオヤジですから。
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/04/12 21:54
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/04/13 18:38
あらいぶさん、そしてゆきさんへ。

悲しい報告があります。実はわたし、明日(14日)でこのサイトにくるのは最後になります。なぜかというと、インターネットをやめるからです。長年つないでいたので。パソコンも前から新しくしようという話になっていたんです。もっと早くにこのサイトに遊びにくればよかったな…。本当に悲しいよ…。新しいパソコンにしてもインターネットはしばらくやらないので、お別れになってしまいます。なので明日は2人に感謝気持ちを込めて言葉を書きたいと思っています。

「出会い」「別れ」「運命」って素晴らしいですよね。わたしはこの3つの言葉は大好きです。出会いがあればそれは運命で、当然、最後には別れてしまう…人はそうやって生きていくんですよね。

わたしは中3の受験生になりました!!志望校も行きたいところがあるし、夢もあります。何かしら目標があると、それに燃えることができますよね。勉強(特に数学!)は苦手ですけど、今まで以上に最大の努力をしていきたいと思います。
  • みほ
  • 2006/04/13 18:51
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/04/13 21:59
みほちゃんへ
明日で最後になっちゃうんですか・・・。
寂しい限りです。(/_;)
携帯からでもアクセスは出来るから遊びにおいで。

何回かのコメントだけですけど、スイミングに来てる娘たちと同じくらい親近感を感じてます。
そうかぁ、そうだね、4月になって中3になったんだぁ。

いまバスに乗ってくる娘や、辞めたけどいつも手を振ってくれる娘たちにも春から中3になった娘が何人かいます。
今年も親しい娘が受験だったので、かなりハラハラしました。
みほちゃんも希望の高校に入れるといいね。

たまには携帯かどっか(図書館とか)のパソコンからこのサイトでもいいし、メールでもいいから近況を聴かせてください。
いつもいろいろコメントありがとうございました。(^_^)/~
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/04/14 02:26
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/04/14 17:35
Dear;あらいぶさん&ゆきさん(最後の書き込みです)

あらいぶさん、今まで本当にありがとうございました。あなたにはたくさんのことを教わりました。わたしは過去と向き合うことができませんでした。つらかったとき、支えてくれたのはまわりにいる友達、家族でした。前に書いたようにわたしは〔運命〕を信じます。出会いがあれば当然別れもついてくる。悲しいなんて思っちゃいけないんですよね。別れてもそこからが自分のスタートラインですよね。これからいろんな試練があるけど、それを乗り越えて頑張ります!!

ゆきさん、年の近いあなたに自分の意見を共感してもらえるのはとても嬉しかった。たくさん相談にのってくれました。ありがとう。あなたはわたしの大事な、大切な人です。なんか涙出てるんですけど…。本当に、嬉しかった。そしてゆきさんだけの「こぅちゃん」を見つけてね。ゆきさんみたいな優しくて自分の意見がはっきりしている人には必ず素敵な彼氏ができるよ。わたしもヒロと支え合って頑張ります!!

このサイトに遊びに来て、生活はまったく変わってないけど、心の中が変わりました。あらいぶさん、そしてゆきさん…大切な人にも出会いました。励ましてくれて、すごく嬉しかった。心配してくれて、涙が出た。ありがとう。お礼の言葉というのは必ず人を幸せにしてくれます。これからも言い続けます。

必ず、ここに戻ってきます。それまでここ(サイト)を終わりにしないで下さいね。みほを待っててくださいね。そして今度は是非、パソコンではなく、ちゃんとお会いしたいですね。

最後に、ナカムラミツルさんの詩を2つ贈ります。わたしの大好きな詩です。

【急ぐ必要はない。君の早さで、歩けばいい。君が君でいることが何よりも大切なんだから…。】
【弱音やグチをこぼしてばかりいた。やさしく、きいてくれた…
キミ。そして、ちょっぴりしかってくれた。あの時のナミダはうれしかったから…あなたのやさしさがうれしすぎたから…】



あなたたち二人に出会えて、本当に良かった。【終】
  • みほ
  • 2006/04/14 18:07
みほちゃんへ
あなたが少しでも明るく前向きになれたことが何より嬉しいです。
まだまだ14歳。
これからも辛いこととかいっぱいあるかも知れませんが、
楽観主義(いい加減と言うことではありません)でポジティブに生きていってください。
これから受験勉強でいろいろ大変でしょうが、
目標があるというのはいいものです。
このコメントを見ることが出来るのかどうか分かりませんが、
遠い北の空から応援しています。
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/04/14 23:46
みほです。二日ぶりですかね…お久しぶりです(?)なんと、このサイトに遊びに来たくて、お兄ちゃんのノートパソコンでインターネット使っちゃいました。そしたら見つけられました。すいません。あれだけ最後とかいっておいて。でもいつまでもお兄ちゃんの使えないですし…。新しいパソコン、来週の土曜に来るんですけど、インターネットはその次の日の日曜につないでくれるらしいです。でもそれまで待てなくて。必死にお兄ちゃんに頼みました。

『あおぞら』から離れてしまいましたが、中3で初めて同じクラスになった新しい友達があおぞらの本のこと知ってて、図書室の【BOOK紹介】っていうのがあるんですけど、その友達は図書委員の委員長で「あおぞら紹介してくれる?」と言ってくれました。わたしは校内の生徒に知って欲しくて、BOOK紹介を受け入れました。大きい画用紙にその本のみどころを書いて、絵なども添えてそれを何枚かカラーコピーするんです。結構うちの中学の定番ですよ。月に一回【図書新聞】ていうのが全校生徒に発行されて、それにもちゃんと紹介されます。カラーコピーされたのは学校の掲示板や皆の見やすいところに貼りだされます。友達も画用紙に書くのを手伝ってくれます。

いっぱい書いちゃった…。でも、書きたかったんです!今度は新しいパソコンで遊びに来ますね。でわ…。
  • みほ
  • 2006/04/16 21:43
あれまぁ〜。
当分はみほちゃんのコメントがないんだろうなぁと思っていたら、
さっそく来ちゃいましたねぇ。(^o^)
今度の土曜日にニューパソコンが来て日曜日にはネット開通ですか。
じゃ、あと1週間くらいのもんですね。

学校の「図書新聞」に掲載されると言うことでおめでとう!
その「図書新聞」、見てみたいですね。
これを通してみんなが「あおぞら」を読んでくれるといいですね。

でも、図書室に「あおぞら」は置いてるの?
今、お兄ちゃんのノートパソコンをこっそり使っています…。バレたら怒られるだろうなぁ。

図書室に『あおぞら』は置いていないけど、その紹介された本は後に学校側が図書委員会の費用で(3〜4冊)買ってくれます。それまではわたしや友達のを図書室に保管して、貸し出しはしないで図書室だけで読んでいただくことになっています(持ち出しをしたら罰則として三ヶ月図書室出入り厳禁も有だとか?)。今は画用紙に書くだけでも精一杯です…。絵で迷っているんですが、
何かアドバイスありますか?

あと少しで修学旅行☆☆場所は奈良&京都!!初めて行きます。二泊三日で少ないけど、今からものすごく楽しみにしています。実はわた…学級委員なんですよ。だから皆をまとめる役です…。毎日疲れます。修学旅行の班では、やっぱり班の子が気になりますよね。わたしは学級委員としてお決まりで班長ですが、ほとんどのクラスの子と仲良しになれたので誰とでもいいです。いい思い出をつくりたいなぁ。
  • みほ
  • 2006/04/18 20:12
こんばんは。今みほさんのコメントを見ました。14日で終わりって言ってたのですごく悲しい気持ちになりました・・・。でもまた来てくれていて本当に心から安心、嬉しく思いました。そんな事で、あっても居ない人とインターネットでお話ししてるだけでこんな風に思うのはみほさんが大好きだからですね。みほさんはわたしの親友そして大切な人だなあと思いました。

でもすごいですねお兄ちゃんの使ってばれないようにね。彼氏さんとは差さえあって頑張ってるんですね。感心します。これからもラブ△任い堂爾気ぁ
  • ゆき
  • 2006/04/18 20:45
みほちゃん、
あと1週間たらずでカムバック出来るんだからそんなに焦らなくても・・・。

「あおぞら」を図書委員会で購入されるといいですね。
個人的には、皆さんに買って頂きたいところだけど、
なかなかそうもいかないでしょうから、
とにかく読んでくれる人が増えることは嬉しいです。

図書新聞の「絵」ですか?
「あおぞら」の表紙のような感じでいいんじゃないの?
僕はあの表紙、すごく好きですけど。

受験があるから修学旅行も早めなんですね。
こっちの中学校では3年生は受験なので、
2年生の時に修学旅行っていう中学校が多いです。
僕は確か高校も2年生の時に修学旅行だった。
今思えば中高どちらも3年生の時がクラス的に仲がよかったから、
最後の学年で修学旅行へ行きたかったなぁ・・・。
絵かぁ。。。私は個人的にミニーちゃんが好きなんです。こんなことアドバイスにならないですね。修学旅行かぁ。私は来年です。京都、奈良っていいですね。私奈良生まれです。偶然ですね。最後の中学生活?楽しんできてください。気をつけていって下さいすごいですね学級委員て!!!!責任重大ですね。頑張ってください。
  • ゆき
  • 2006/04/18 20:55
あらいぶさんは嫌味なおっちゃんなんかじゃないですよ!!もうすぐクラブの私バスケやってるんですけど春季大会があるんです。全然レギュラーじゃないんですけどね・・・。でみ一生懸命です。なんか何かに集中できる事っていいですね。

  • ゆき
  • 2006/04/18 21:04
みほちゃん、ゆきちゃん、美王ちゃん、
そしてその他大勢の皆様へ。

この「あおぞら」のコメントもいつの間にか110件を越えてしまいました。
なんか、最近、内輪だけでコメントのやりとりをしていて、
これじゃ〜ちょっと新たにここへ来た方はひいちゃうかも・・・。

ここは、出来れば純粋に「夏」さんへの、
感想、コメントを書いて頂きたいもので・・・。

というわけで、
ブログ内でお友達になった方のためにBBSを開設しました。

ブログの「LINKS」の項目にリンクがありますので、
お友達になったみほちゃん、ゆきちゃん、美王ちゃん、
またこれからお友達になりたい方は、
是非、そちらの方へ書き込みして欲しいなぁと思います。
タイトルはそのまんま「あらいぶBBS」です。
http://dance.musicbbs.com/user/terayama.html

いろんな事を話して、友達間で発展させていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
何だろう。普通に感動したし、読んでよかったと思った。
ただ、普通に生活してればレイプとかなんなかったんじゃないかな?父親が一度も出てこなかったけどなぜだろう。離婚?原点はそこにあるように感じた。(思い込み?)
もしそうだったら父親のことも書いてほしい。両親がいないことでどれだけ子供に傷をつけるか・・・
もっと共感を得たかったな。(勝手な願い。)

以上勝手な思い込みと自分の思いを書いてみました。
読んでよかった〜。
  • KORN
  • 2006/04/22 19:21
KORNさん、コメントありがとう。
父親が描かれていないのは僕もちょっと気になりましたが、
読んでてそれほど問題視はしませんでした。
僕は両親がまだ健在ですが、普段、父親はほとんど頭にありません。
別居してるせいもあると思いますが、
僕に対して父親の関わりという物が成長する過程でほとんどなかったので。
もしかしたら、夏さんもそうなのかも知れません。
こんにちは。虚空といいます。
読むのが遅かったかもしれませんがあおぞらを読みました。
とても感動しました。
醜い事をされながらもそれを受け止め続けた幸太さんがいなくなってしまったのは残念ですが、これからも夏さんには頑張っていってほしいと思ってます。
公式HPにもメッセージを書きました。

あと、あらいぶさんは夏さんと知り合いなのですか?
  • 虚空
  • 2006/07/10 20:13
虚空さん、コメントありがとうございます。

「あおぞら」を読むのに早いも遅いもありませんよ。
夏さんの思いを感じれたら、それでいいんじゃないかと。
「あおぞら」も皆さんのおかげで50万部を突破いたしました。
公式HPの方にもメッセージを送られたみたいで嬉しいです。

>あらいぶさんは夏さんと知り合いなのですか?

いえいえ、知り合いと言うわけじゃございません。
夏さんと皆さんの橋渡しをしているだけです。
メールも皆さんを代表して頂いてるだけです。
そうなのですか。
代表してたってことですか、了解しました〜。
でも、なかなかメッセージや情報がきません;
  • 虚空
  • 2006/07/11 17:37
こんにちわーあおぞらよみました・・・
本当に感動するー夏さんわすごいと思った。
自分のことをぜんぶ本にかいたりして・・・
こうちゃんがいないから残念です。わたしも
こうちゃんみたいな彼氏がほしいです。。。
  • ■○希愛羅○■
  • 2006/07/15 16:18
希愛羅さん、コメントありがとう。
夏さんは辛い思いをした分素敵な人に出会えたのかも知れませんね。
こぅちゃんは、これからも夏さんの心の支えとなっていくことでしょうね。
希愛羅さんにも素敵な人が見付かるといいですね。
今年の冬、あおぞらを読みました。
何気なく当たり前に生活していることが幸せということを
改めて実感しました。
夏ちゃんやこうちゃん、周りの人のやりきれない思いや温かさに何度も泣きました。
今私には、付き合っている彼がいます。
彼は、字を読むのが苦手なようであまり本を読みません。
でも、昨日、あおぞらを時間がかかってもいいから読んでって言ったら、わかったと言ってくれました。
最近、言い合いになったりすることが多々あります。
あおぞらを読んで、お互い何か変わるきっかけになればいいなぁと思います。
そして、将来子供ができたらあおぞらを読ませたいです。
人を傷つけることがどんなに相手を苦しめるか。
支えあうことの大切さ。
命の尊さについて、一緒に考えられたらと思います。

最後になりましたが、夏ちゃん、あおぞらを書いてくれてありがとう。きっと、たくさんの人がいろんなことを考え、助けられたと思います。これからも、たくさんの人があおぞらを手にしてくれることを祈っています。
本当にありがとう。

あらいぶさん、このサイト見つけてよかったです。
犯罪が多い世の中だけど、いろんな方のコメントを見て
ちょっとほっとし、涙がでました。ありがとう。
  • ぽぽ
  • 2006/08/19 21:56
ぼぼさん、コメントありがとう。

ホントに「ぼぼ」さんでいいの?
そのネームってやばくない?
九州方面の方言で「ぼぼ」って言ったら女の子は顔が真っ赤になるよ。
もしかしたら狙ってる?

「あおぞら」には賛否両論いろいろあるでしょうが、
多くの人に呼んでもらいたいですね。
僕は素直に感動しましたけど。

彼も「あおぞら」を読んで女の子の感受性とか少しでも分かって、
ぼぼさんとも、もっとお互いを思いやれるようになるといいですね。
夏さんに負けない素敵な恋をしてくださいね。
あらいぶさん、こんばんわ。
nameですが、ほに濁点ではなく、ほに○です。。
紛らわしくてすみません。。
ちなみにぼぼは、九州で何て意味なんでしょうか?
男の大事な人の部分?笑 ですか。。?

やっぱり、最近なんだか彼氏とうまくいってない気がします。
あおぞらも読んでもらえるか。。
まだ、渡してないんです(。。;)
これからどうしたらいいのか、わかんなくなってきます。
でも、好きな人が生きてるだけで幸せなんですよね。
でもやっぱり、悩みはつきません(>。<;)



  • ぽぽ
  • 2006/08/23 01:03
《ぽぽさん》
どうもスイマセン。
ブログの字が小さいものだから濁点に見えていました。
「ぼぼ」と言えば九州地方では女性の大切なところだそうです。
エッチすることも「ぼぼ」と言うらしいです。

恋愛してる時ってそれしか見えなくなるからね。
すごく辛いことでも時が過ぎればそれなりに為になってるもんです。
そうやって男を見る目を養っていくんだよ。
若いうちはうんと悩みましょう。

歳を取ってくると恋愛自体がめんどくさくなってくるから。
今のうちにいっぱい恋愛してください。
ぼぼってそういう意味があるんですね。
えっちすることもそう言うなんてなんだかかわいらしいですね。
恋愛がめんどくさくなってくるというか、疲れてくるというか。。自分がそうさせてるんだなぁって思います。
だから少しでも変われるように、自分の時間・一人の時間も過ごせる女性になりたいです。

彼にあおぞらを読んでもらうのは、諦めました。。
強制的になるのはよくないと思うので。。
でも、これからも周りの人に勧めたいと思います!!
 
  • ぽぽ
  • 2006/08/27 16:07
恋愛も労力いるからねぇ。
タイプによっても違うからね。
べったりが好きな人もあるし、さっぱりした付き合いがいい人もあるし。
お互い、押しつけじゃなく、相手を理解することが大切なんでしょうね。
それには何より会話が大切。

「あおぞら」
是非、たくさんの友達に勧めてください。
はじめまして。あおぞらをだいぶ前にみたんですがこんなサイトがあると今ふと想い探してみたらありましたのでコメントさせてもらいます。あおぞらの主人公夏さんは九州の人なのかな?って思いました。理由は「ばい」「けん」といった言葉を用いたからです。そんなことはどうでもいいとして、この本を読んで正直辛かったです。自分も自殺を考えた事が何度もあります。いじめもあります。不登校もあります。ですが私よりも遥かに辛い目に会ってる人がいるということが小説を通して教えられました。自殺など考えずに前を向いて歩いていこうと想いました。この小説は友達に勧めたりしています。そして共感を覚えていってもらっています。本当に最高に勉強になる本だと想います。自殺など考えた時に読むと凄い精神が落ち着きます。自分は一人じゃないってことが凄い伝わってきました。これをみて馬鹿にする人もいるでしょうし、反感を買うこともあるかもしれませんが、私はこの本を読んで非常に勉強になりました。夏さんが読んでるかわかりませんが、この本を辛い思いをしながら書いてくれたことがありがたいです。きっと自分みたいな精神が弱い人間には心に響くと想います。本当にありがとうございました。夏さん以外にも辛い人がいるとおもいますが頑張って生きていきましょう。貴方は一人じゃないのだから・・・
  • ときや
  • 2006/10/02 18:33
辛い思いをした分、人は強くなるんだろうと思います。
そしてまた辛い思いをした分、幸せにならなくちゃと思います。
「あおぞら」に対して否定的な意見を書いてるサイトも確かにあります。
でもそれ以上に何倍もの人が勇気をもらったことでしょう。
改めて自分の大切な物を認識した人も多いはず。
ときやさん、これからも「あおぞら」を共にみんなに勧めていきましょう。
こんにちわ。あおぞら読みました。すごく感動した反面・・・悲しい気持ちや怒りがこみ上げてきました。私の周りにもレイプされる人が非常に多いです。悲しい現実と今向き合っています。どんな風に癒してあげれるか・・・どうやったら辛さを軽くしてあげれるか・・・毎日毎日戦っています。今の世の中変わってきていると思います。人を傷つけるのが当たり前の世の中になっていると思います。その中で感じるほんの小さな幸せ。見落としてきてる幸せもあるでしょう。日々悲しい気持ちばかりでやるせない気持ちでいっぱいです。夏さん。決してあなただけが辛い思いをしたと思わないでください。本当に。。。この世の中で、同じ人間として、夏さんが辛い思いをしていたときに助けてあげれなかったのが悲しいです。知り合いでもなければ、すれ違ったこともない私ですが・・・・誰かが言っていっていました。「神様は、乗り越えられない試練は与えない」と。夏さんは素晴らしい人でしょうね。あなたが昔を語れるようになったのは、少しずつそれが「過去」というものになってきているからでしょう。周りには過去にできない人もいます。そんな人のためなにかやってあげるのもいいかもしれませんね。エリートの人でもなく、教師でもなく、あなたにしかできないことが沢山あると思います。応援しています。
  • ☆きんちな☆
  • 2006/11/03 19:24
僕は今中1です。僕はこれまでで万引き、タバコ、などイロ2悪い事をしてきて。そんな過去がいやでした。何度も死のうとしたりもしました。でもこの本を読んで間違ってると思いました。 頑張って生きようと思いました。 頑張ります
  • 2006/12/06 21:12
いじめられながら読んだこの本はとても号泣した。

  • ♪くるみ♪
  • 2008/07/30 11:43
■♪くるみ♪さん
僕も中学校・高校ではいじめられたことがあります。
よく言われる「イジメ」ではありませんでしたが、
ただ気にくわないとか理不尽な理由で殴られたり。
イジメは100%いじめる方が悪いです。
決して一人で抱え込んだりはしないでくださいね。
大変だと思いますが負けないでください。
初めまして。
アタシは今日この『あおぞら』
を読みました。
最初は図書館で見つけて
「表紙がいいな〜」
と思って呼んでいました。
読んでくうちにここが、図書館だと忘れて、
泣いていました。
それから図書館にいるのが辛くなって
借りていえで最後まで読みました。

とっても苦しかったです・・・
読んでいくうちに、自分が夏になった気分になりました。
アタシも、1時期『死にたい。誰か殺して・・・』
と思った事がありました。
その時は誰も気付いてくれなくて、一人で毎日枕をぬらしていました。学校でも一人で居ることが多くなって、自分の生きている意味さえも失いました。
そんな時友達は何気ない事で私を笑わせてくれました。

そのときの記憶が蘇ってきて、今は涙でいっぱいです
これから、プレゼントのほうも読んで行きたいと思います。
そしたらまたここに来たいと思います。
それでは、また会いましょう。
  • 双羽
  • 2009/02/21 18:34
■双羽さん
コメント、どうもありがとう。

辛い思いをした人は強いです。
人を思いやれるようになると思います。

いい友だちが居るみたいですね。
一人でいいから、ホントの友だちが居るというこは
とっても大切なことだと思います。

機会がありましたら
「きみの友だち」(重松清:著)も読んでみてください。
友だちと言うことを考えさせられます。
  • あらいぶ
  • 2009/02/21 22:08
私と同じ方言でとても読みやすかったのと同時に色んな事を考えさせられる一冊でした。

私も何度も裏切られ、何度もカミソリを持ったことか・・・。

そんな時に私も一人の男性と知り合いました。

それが、今の彼氏です。

私のような悩みは持ってはいなかったけど、彼も同じ自分の心がとても傷ついていました。

最初はお互いの傷を修復しあいながら時を重ねて、この春結婚をし親になりました。

自分の命に代えても守りたいと思える存在と同時に今まで自分がしてきた事をわが子がしてしまったら・・・と思うと不安でしょうがありませんでした。

ですが、あおぞら、プレゼントをに出会い強さと優しさをたくさんもらいました。

この場を借りて星野さんに感謝したいです。

子供の名前は星野さんから一文字いただいて、星華(せいか)と名づけました。

これから先長い道のりを主人と星華と三人で歩んで行こうと思いました。


  • 大切な命
  • 2009/07/22 15:31
■大切な命さん
辛いことがいっぱいあったようですが、
最後にとてもいい人に出会えてよかったですね。
大切な家族と共に、素敵な人生を送って下さい。
  • あらいぶ
  • 2009/07/22 21:44

涙で字が読めないほどでした。

素直に真実を書ける星野さんはすばらしいと思いました。

この本に出合えて本当に良かったです。
ありがとうございました。
  • 2009/07/26 22:36
■明さん
コメントありがとうございます。
小説家のような上手い文章ではないけれど、
思いがそのまま伝わってきますよね。
涙で読めなかったって、その気持ち判ります。
  • あらいぶ
  • 2009/07/27 20:45
感動しました。 
涙が止まらず、胸が苦しくなりました。

この本を読んでいるとき、去年事故にあった友達のことを思い出しました、その友達は、僕に大切なことを教えてくれた人で・・・・一時は命の危険があったほどでした。
その友達は一命を取りとめ、今はリハビリを頑張っていると聞きました。
もし・・・もしそのまま、あいつが居なくなったら自分はどうなっていたんだろう・・そんなことを思いました。

いきなり、変な事を言ってしまい、すいませんでした。
 

最後に本当に感動しました、有難うございました。

  • 2009/09/08 23:24
今私は高校3年生です
進路も決まり学校での授業が自学が多いので久しぶりに本を読もうと思いました。
私は基本、本を読むのが苦手であまり好きではありません。
途中で飽きちゃうし最後まで全部本を読んだ記憶がありません。笑
でも卒業も近いし学校の図書館に行ってみよーと思い本棚を眺めていました。
恋愛系の話は好きだったのでそおゆう本を探してみました。
そして目にとまったのが
「あおぞら」でした。
中学生の時に読んだよーな記憶があり
でも内容までは覚えてなくて
借りてみよーと思いました。

借りた日に1日の授業を全部使って読みました。
読めば読むほど話の内容が分かり始め途中、先を読むのが怖くなり、ページをめくるのが怖くなり、本を閉じてしまいました。

でも気づいたら本を読む事に飽きていない自分がいたんです。
続きが気になり始めゆっくりとページをめくっていきました。


読むにつれて胸が痛くなり思わず泣いてしまいました。
授業中にも関わらず涙が出ていました。



私には今1年6ヵ月付き合っている同い年の彼氏がいます。
もぉマンネリ化しています(´・ω・`)笑
でも、付き合いたての夏さんとこぅちゃんのやりとりを読んでいるとこっちまでにやけてしまい、私も付き合い始めのころを思い出しました。
忘れていた感情を改めて気づかされました。
長く付き合えば新鮮さもなくなっていくと思うけど、付き合ってまもない2人の気持ちや感情を忘れたくないと思いました。




夏さんとこぅちゃんの本を読んで本当に良かったです。
この本に巡り会えてとても嬉しく思います。




こぅちゃんは優しいけんきっとってゆうか
絶対絶対ぜーったい夏さんのことを
空から見守っとると思います!!



こぅちゃんの優しさに包まれた夏さんは
幸せものだと思います。



夏さん大好きばい??
  • 福岡県民
  • 2010/01/16 10:42
本嫌いの俺がまさかこの本を開いて次に閉じたときには読み終わってるとは。
ここまで読み入ってしまったのは初めてです。
他の小説に比べ、話がきれいな形で整えられてなくて、感動系の話にするにはもっと感動ストーリーに仕上げられたのにとか思いました。でもそんなきれいに整った売れるための感動を与える小説ではないからこそこんなに本当に夏さんの気持ちになりながら読めたし、心の奥底にずっしりとに響いてきました。
その証拠に今その思いを書きたくて5分前に読んだものについてのコメントを書き込んでいます。

多分こうちゃんの命日は10月7日ですよね。こうちゃんも幸せ者ですね。
  • yuma
  • 2010/02/05 03:18
娘の机にあったこの本。ふと読んでみて何年かぶりに涙が流れ落ちました。そして、犯罪者に対する怒りが収まりません。

アダルトビデオにレイプ、同人誌(漫画)にレイプ、それもこどもを。アダルトゲーム、ロリコン画像。こういう物が普通に目にするところにあるから、レイプは普通のことと若者が勘違いしてまうやろ。
なぜこういう物を禁止規制しないのか。

「表現の自由」?
ふざけるな!「道徳」とどっちが大事だ!
すべての法律の親玉である憲法で、「人権」は、表現の自由よりも格上だ!
金儲けのために「表現の自由」を楯にしてる業者がいっぱいいるが、最低だ。なぜ業者を保護する?人権を脅かす可能性がある表現の自由は禁止されるべきだ。
法律上の整合性があわない? 裁判員裁判のように、裁判員100人集めて多数決でもとったらどうだ。9割以上が顔をしかめて禁止に賛成するぞ。

テレクラも「売り」の温床なのがわかっていて規制しない。業者のために
法律があるのか?

星野夏さんには、いつか、政治の世界に行ってほしいです。そしてたくさんの子供たちを守ってほしいです。

小説でなく、つらい現実を本にしてくださって、ありがとうございました。
  • 45歳男
  • 2010/05/16 16:08
こんばんわ!

私ヮ13歳で中2です。

今、星野夏さんの『あおぞら』を呼んでたくさん泣きました。
星野さんわぃろんな事を経験してぃて、
辛ぃ事ものりこえてかっこぃぃなと思ぃました。

今の私ヮ星野さんが中2の時と似ていて、
夜遊びしたりして、
親にゎたくさん心配かけていると思ぃます。

でも、あおぞらを読んで
私も普通に暮らしていこ思いました。


たくさん、いろんな事にきずかせたくれて、
本当にありがとうございます。


  • 2010/05/28 21:58
初めまして。
『あおぞら』を読ませて頂きました。
すっごく泣いて笑って・・・悲しかったです。

幸太さん、すっごい頑張ったんだなと思いました。
いろんなことについて考えるようになりました。

辛いけど、頑張ってきた星野夏さんがすごいです。

この本を途中でこれ以上読みたくない。と思ったり・・・。
こんな悲しい事が現実にあるんだと考えたり・・・。

この本を読んで、良かったです。
本当にお疲れ様でした。
  • 14歳:オンナ
  • 2011/02/06 14:17
内定取り消されて就職活動を再開しても上手くいかず苦しかったです。
でもこの本のおかげで勇気をくれました。
星野さん幸せになってください。
こうちゃんはあなたの心で生きています。
  • 2013/02/16 11:18
学校で借りました。うまく言えないけど、こんなに辛いことがあっても、頑張っていてすごいと思います。それを支えた周りの人もすごいと思います。
  • おゆめさん
  • 2013/06/02 17:30
私がこの本を読んだのわ中1の時です。読んだときわ衝撃的でした。
この世界で現実におこっているとわ思えない内容でした。でも、実際におこっている、そう思うと胸が痛みます。私わ、「あおぞら」をいままでに
何回も読みなおしました。そのたびに、胸がいたみました。 
      
私わ4月から、高校生になります。今までの友達とばらばらになって
知らない人たちと出会えます。
正直、素敵な出会いがあるか不安でいっぱいです。
でも、「あおぞら」のなかのであいわ素敵な出会いでした。
こうちゃんをはじめ、いろんな心温かい言葉や出会いが胸に染みました。
でも、それわきっと夏さんがどんなつらい現実からも逃げずにあるいて
いたからだと思います。
だから、きっとつらいことを乗り越えたら人の痛みが分かる強い人間
になると思います。夏さんわ、そんな強い人間だと思います。
わたしもそんな強い人間になりたいです。

ながながと書いてすいません。
最後に夏さん、
こんなつらいことを本にしてくださってありがとうございます。
夏さんの、幸せを心からねがっています。
  • SKY
  • 2014/03/28 12:59





   
この記事のトラックバックURL : http://diaryblog.otchan.lolipop.jp/trackback/370428
白夜行を買う時に、「あおぞら」という本が気になり一緒に買った(_) これは昨日一
  • Happy☆Ciao
  • 2006/02/18 5:27 PM
あおぞらこんな時間にブログを更新するのは珍しいmariko☆です。おはようございますこの時間にブログを更新する理由・・・それは、この『あおぞら』っていう本を昨日買ったことにあります今、お母さんが旅行中の我が家では、私が専業主婦をしているわけです。昨日は、3
  • A FUTURE NURSE
  • 2006/03/15 10:50 AM
ほ 星野夏 † 【ほしの なつ】 1986- 公式サイト ↑あおぞら † (ポプラ社)2005年10月 amazon ポプラ社編集部 平端祐里 1号車のおっちゃん 1
  • PukiWiki/TrackBack 0.1
  • 2006/04/02 12:45 PM
あおぞら星野 夏 (2005/10)ポプラ社 この商品の詳細を見る【あらすじ】はじまりは、ひとりの女子高生から送られてきたわずか数枚の日記だった。そこには、突然の事故で、命尽きようとしている彼への身を切るような思いが綴ら
  • epiphany
  • 2006/06/30 11:13 AM
文章は稚拙だと思うし、ノンフィクションだとは信じ難いけど、 どんな恋愛小説よりも、 自分の恋愛について考えさせられる本だと思う。 はじまりは、ひとりの女子高生から送られてきた わずか数枚の日記だった。
  • ハジけて学べ!
  • 2006/09/11 8:58 PM

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

青森県の天気

あらいぶの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    あらいぶ
  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    じゅずじ
  • 初心に戻ろう!!
    あらいぶ
  • 初心に戻ろう!!
    じゅずじ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    あらいぶ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    じゅずじ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    あらいぶ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    じゅずじ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    あらいぶ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    AT

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM