「ハナミズキ」 個人的な詩の解釈

0
    もう12月に入って、今年も残すところ29日。

    年末・年始には怒濤の「短期水泳教室」が待っている。
    それを考えると気が重くなるけど・・・。
    雪が少ないことを祈りたいものです。

    さて、一昨日書いた「ハナミズキ」の日記。
    改めてネットで見たら、いろんな人がいろんな受け止め方をしてるんですね。
    A4用紙3枚ほどの長文な詩をかなり削って
    言葉のエキスだけ残した詩だけに、難解で、
    詩の影に隠れた一青窈さんの、言葉や想いが一杯あるようです。

    それ故、抽象的でいかようにも取れる詩ですが、
    僕的には、
    9.11のテロ被害に会われ、なくなった父から
    残された娘への思いを歌っていると思う。
    いや、自分でそう思いたいだけなんだけど。(笑)



    何度聞いても涙が出ます。
    そしてもう1曲、 「涙そうそう」も、
    もし自分で歌うとしたら泣けて歌えない。

    「ハナミズキ」 作詞:一青窈 作曲:マシコタツロウ
    4年前の曲の、今更ながらですが僕的な解釈です。

    亡き父から娘へのメッセージだと・・・
    (著作権上、原詩は掲載しません)



    空を押し上げるように伸びる
    ハナミズキの花に手を伸ばす君
    五月の暖かな日のこと
    どうか近くへ来て欲しい
    君と僕を隔てるこの川の水辺まで
    もっと近くまで来て顔を見せて欲しい
    もう君には何もしてあげることが出来ないけど
    ハナミズキのつぼみ(希望)を君にあげよう
    庭に咲くハナミズキの樹になって君を見守っているよ
    この花のように薄紅色の可愛い君の
    果てない夢(お父さんを帰してと悲しむ日々)がちゃんと終わりますように
    こんなことが、もう二度と起こりません様に
    大切な君と、君の好きな人達が
    穏やかに暮らせる日が永遠に続きますように

    暑い夏のような喧噪の日々
    僕が君を思う気持ちは地球よりも重いよ
    君が流してくれる灯籠
    僕(そして君)の思いを乗せるには小さすぎて
    きっと船は沈んじゃう
    悲しみに立ち止まらずに行きなさい
    前に進んで行きなさい
    僕の辛い我慢(願い)がいつかは実を結んで
    果てのない戦争や紛争の連鎖がちゃんと止みますように
    大切な君と、君の好きな人達が
    穏やかに暮らせる日が永遠に続きますように

    ひらひらと飛ぶ蝶々をアミを手に追いかけてる君
    一緒に戯れた頃を思い出す
    もう一度戻りたいけどそれは叶わない
    いつの日か、世界中のみんなが平和の旗を揚げる日が来て欲しい
    そして母の日(戦争のない世界)になったなら
    君からお母さんへ僕の代わりに、
    僕の思いを乗せたミズキの葉を贈って下さい
    (僕を)待たなくてもいいよ
    どんな風に僕が消えたのか知らなくてもいいよ
    辛く悲しい思いだけを引きずらないで欲しい
    生きている君たちが大切なんだから・・・
    この花のように薄紅色の可愛い君の
    果てない夢(お父さんを帰してと悲しむ日々)がちゃんと終わりますように
    こんなことが、もう二度と起こりません様に
    大切な君と、君の好きな人達が
    幸せに暮らせる日が永遠に続きますように

    僕の辛い我慢(願い)がいつかきっと実を結んで
    果てのない戦争や紛争の連鎖がちゃんと止みますように
    大切な君と、君の愛する人たちが好きな人もみんな
    幸せに暮らせる日が永遠に続きますように



    以上が僕の「ハナミズキ」の詩の受け止め方。
    でも、一人ひとり、受け止め方が違ってもいいと思う。
    恋をしてる人は「恋の詩」として
    また、亡くした人や、大切な人を偲ぶ詩であっても
    その、平和を願う想いには変わりはないのだから。


    でもこの歌は一青窈さん以外じゃダメですね。
    他のアーティストが歌ったのを何度か聴いたことがありますが、
    詩そのものの雰囲気や思いが伝わってこない。

    この歌詞の本当の意味を知ってるのは一青窈さんだけですからね。

    コメント
    日本と台湾と中国の事を歌ってるのかと思ってました
    きっかけは、9・11だとしても
    • 2010/07/30 11:57 PM
    歌番組に出演したときに、
    一青窈さんご本人が9.11同時多発テロの事を書いたと言っていたので間違いないと思います。
    原詩はかなり直情的な内容のようです。
    歌にするためにまとめた詩を読んでも不可解ですが。(^_^)
    • あらいぶ
    • 2010/07/31 7:40 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    青森県の天気

    今夜の月

    お月様をクリックしてみて

    あらいぶの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    きみの友だち (新潮文庫)
    きみの友だち (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    重松 清
    「友だち」って何?
    本当の「友だち」って。
    心にしみる良書です。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM