「きみ去りしのち」 重松清

0
    評価:
    重松 清
    文藝春秋
    ¥ 1,600
    (2010-02-10)



    JUGEMテーマ:読書


    旅を繰り返す幼い息子を亡くした関根。
    1歳の誕生日の2週間後に幼い命は静かに鼓動を止めた。
    息子が亡くなった夜を後悔し続けていた。

    その旅に同行する15歳の少女。
    少女は10年前に離婚した女性の娘。
    関根にとっては実の娘だが、少女は彼を「セキネさん」と呼ぶ。
    元妻はガンの宣告を受けていた。

    恐山―奥尻―知床―ハワイ―阿蘇―大和―出雲―与那国島―島原・・・

    関根と妻・洋子と亡き息子・由紀也。
    そして元妻・美恵子と娘・明日香。
    それぞれの生と死がふれあう。
    それぞれの思いが静かに寄り添う。

    死について、そして生について描かれた心優しき重松ストーリー。


    泣ける本でありませんが、じわーっと心に染みてきます。
    随所に素敵な言葉がちりばめられてます。

    10年間離れていた父と娘。
    反発しながらも少しずつ距離を縮める心。
    いつしか自分に重ね合わせて読んでいました。
    素直な子だけがいい子じゃないんだよね。

    「でもね、悲しい思いや寂しい思いをしてきた子どもは、優しい大人になるから。だいじょうぶ、明日香ちゃんも、知佳も心配要らない」

    「さっき言ったじゃない、寂しさをじょうずに育てていったら優しさになるんだから―――」

    話の筋道を立てなくてもわかり合える相手がいる。筋道を立ててしまうと、逃げ道をふさがれてしまう話がある。そういうことは、ほんとうに学校ではなにひとつ教わってこなかったのだ。


    重松さんの、ひとを信じる思いが伝わってきたいい本でした。

    コメント
    いろんな「死」を描いていますよね。
    それを息子の死に重ね合わせながら旅をする。
    気持ちはわかるけどなぁ…
    でも、、、
    ちょっと納得できない部分もありました。
    「言葉」は素敵なことがいっぱい!
    考えさせられる本でした。
    ■じゅずじさん
    現実的ではないのかもしれないけれど、
    言いたい言葉を伝えるためには、
    セキネさんに旅をしてもらうというのが書きやすかったのかな。
    娘の明日香が気に入りました。(笑)

    • あらいぶ
    • 2010/04/03 7:26 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    これが死の世界なのか、それとも生の始まりの風景なのか!?  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】どれだけ歩きつづければ、別れを受け容れられるのだろう。幼い息子を喪った父、“その日”を前にした母に寄り添う少女。―生と
    • じゅずじの旦那
    • 2010/04/03 10:10 AM

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    青森県の天気

    今夜の月

    お月様をクリックしてみて

    あらいぶの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    きみの友だち (新潮文庫)
    きみの友だち (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    重松 清
    「友だち」って何?
    本当の「友だち」って。
    心にしみる良書です。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM