評価:
雫井 脩介
小学館
¥ 1,575
(2010-07-29)
コメント:泣けてしまいました。最近の雫井脩介さん、ミステリーよりもこっちのほうがいいかも。

JUGEMテーマ:読書



泣けてしまいました。

残りわずかな余命を洋菓子造りに懸けた女性とその家族のお話です。


【ストーリー】
君川小麦・26歳。
短大を卒業後有名な洋菓子店で修行中。
10年は修行を積んでいつかは故郷に亡き父の夢だった洋菓子店を開く。
それが目下の目標。

しかしそんな小麦にガンの再発が。
母にも兄にも話せないまま仕事も中途半端に。

残りわずかな命に予定より4年早い洋菓子店の開業をする。
天使のレイが見えるという兄の子、叶夢に「この店は流行らないよ」と言われる。
オープンは盛況だったものの1ヶ月2ヶ月と立つうちに店は閑古鳥が鳴く状態。
体調不良を無理に押して頑張ったものの、
母に病気を気付かれ緊張の糸がぷっつりと切れてしまう。
君川洋菓子店は閉店に追い込まれる。

天使の合格試験があるという場所に半信半疑ながらも兄と叶夢と共に訪れる。
そこで小麦は天使が光るのを見たような気がした。
その日から体調が好転し、もう一度ケーキ作りに挑戦しようと決意する。
家族と天使の助けでファボリ・ダンジュ(天使の好物)という店を新たにオープン。
しかし、小麦の命の火は消えようとしていた・・・。



簡単にいっちゃえばこんな感じのストーリーなんですが、
泣けました、家族の絆がジーンと心に染みました。
「クローズドノート」にも泣けましたけど、それに匹敵する感動です。
本の作りも似ていますね。

天使は美味しいオーラを食べて成長するんですね。(笑)
そういう発想もまたなかなか素敵でした。

最後はずっとウルウルしてました。
こりゃ〜また映画化になるなぁ。
でも配役は外さないで欲しいですね。

小麦の役は新垣結衣ちゃんがいいかも。
いや、やっぱり蒼井優ちゃんだね。
兄・大二郎は照英さん、大二郎の妻道恵役は木村多江さん、
母親役は原田美恵子さんとか高畑淳子さん、
こういう感じで読んでました。(笑)

雫井脩介さんの新作。
これはいいです。

Comment
元気をもらいました。
泣かせてもらいました。

そして、おいしく読ませてもらいました(^^ゞ
■じゅずじさん
雫井さん、
スイーツのこともすごく勉強したんでしょうね。

あきらめずにひとつのことに取り組む勇気。
見習わなくちゃ。(^_^;)
  • あらいぶ
  • 2010/10/26 23:23





   
この記事のトラックバックURL : http://diaryblog.otchan.lolipop.jp/trackback/998025
もっと我慢せず、自分のために生きればいい。 君川小麦は、26歳のパティシエール。東京での修行を終え、ケーキショップを開くため故郷の北伊豆に帰ってきた。小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には、...
  • 粋な提案
  • 2013/03/22 11:03 PM

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

青森県の天気

あらいぶの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 初心に戻ろう!!
    あらいぶ
  • 初心に戻ろう!!
    じゅずじ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    あらいぶ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    じゅずじ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    あらいぶ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    じゅずじ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    あらいぶ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    AT
  • 職場復帰
    あらいぶ
  • 職場復帰
    じゅずじ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM