「霞路」 (濃霧な朝)

0















    どうしたものか、集中的に、
    自宅一帯だけものすごい濃霧だった。

    玄関から出たとたん、視界数メートルの深い霧。
    これは面白いかも。

    しかし、ちょっと別の町内に出ると視界良好。
    あれ? 
    霧なんてどこにもない。
    配達を終えて帰ってきても、まだその一帯は霧に包まれていた。

    カメラを持って、ちょっとだけ短い散歩をした。


    JUGEMテーマ:日記・一般

    コメント
    いい絵ですね!

    わら焼きじゃないんですね(^^ゞ
    ■じゅずじさん
    わら焼きじゃありません。(笑)

    最近は、春にわら焼きをする輩も居ますが。(-_-;)
    • あらいぶ
    • 2014/04/22 4:47 PM
    22日の朝は霧が凄かったんですね(@o@;翌朝はなんともなかったですよ♪ただ大白33冊がついたので凄く重かったです(>_<)
    無事お帰りになりましたか(^0^)/
    • ボス
    • 2014/04/24 10:32 AM
    ■ボスさん
    東京滞在時間、わずか7時間。
    とんぼ返りで無事に帰りました。(^^)/

    22日の濃霧も特定の地域だけです。
    今朝も、また別な地域ではすごい霧でした。

    しかし、大百33冊は重いですねぇ。(^_^;)
    • あらいぶ
    • 2014/04/24 9:42 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    青森県の天気

    今夜の月

    お月様をクリックしてみて

    あらいぶの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    きみの友だち (新潮文庫)
    きみの友だち (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    重松 清
    「友だち」って何?
    本当の「友だち」って。
    心にしみる良書です。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM