JUGEMテーマ:写真


今宵は切り干し大根を肴に、久しぶりの「作田」を呑んでます。
値段が安い割りに旨い純米酒です。(^_^)v


久しぶりにカメラのお話。

35ミリの銀塩カメラを何機か使ったあと、
描写力、引き延ばしたときの粒子の荒さに35ミリの限界を感じて、
ブローニー版を使ってみたくなりました。
そして初めて購入した中盤カメラがペンタックス645。

ペンタックス645

フィルムの面積が大きい分、描写はすごくキレイで、
大きく引き延ばしたときの画質は雲泥の差でした。



35ミリはフィルムの巻き取りが横方向なのですが、
ペンタックス645は縦方向の巻き取り。
ポジを見たときに横撮影は全部90度回転した状態。
縦画面はそのままの状態で見ることになります。

のちに中盤の67サイズも使用しましたが、
645のこの画角が好きでした。
縦横のバランスがいいんですよね。
撮影枚数も67より多く撮れるし。

ペンタックス645

645はマニュアルカメラの操作性をそのまま大きくしたようなカメラでした。
ボタンが35ミリのスーパーAに似ていました。

ただ他の中盤機とは違ってレンズシャッターではないので、
撮影途中に感度(ISO)が違うフィルムに交換することはできませんでした。
そして、ほとんどの中盤カメラがそうであるように、マニュアルフォーカスです。
(その後645N以降はオートフォーカスになりますが)
ちょっと重いけど、いかにもカメラを操って撮っている!
という感じはなかなかいいものでした。
撮影は風景が主体でしたから、
マニュアルフォーカスでも不便を感じたことはなかったです。

ただ、ひとつだけ不満だったのは、
ピント合わせの際にレンズの前玉が回転してしまうこと。
偏光フィルターを使うときに何度も合わせ直さなければいけないのが難点でした。
(645N以降は改善されました)
もうひとついうなら、露出補正が1EV単位だったこと。
補正が1EV単位はかなりキツイ。


便利だったのは三脚用のネジ穴が下と左横の2カ所にあったこと。
2カ所にクイックシューを付けておくと、
三脚を寝かせなくても瞬時に縦位置に変更できました。

ペンタックス645

何年かのち、67に買い替えるため645は手放してしまいましたが、
ふり返って考えてみると、カメラの大きさや操作性、そして画角のバランスなど、
使いやすくていいカメラでした。


間もなくそのペンタックス645も「ペンタックス645D」と名で、
デジタル機が発売になります。
スタイルも中盤と35ミリの中間という感じで、
ますます使い勝手のいいカメラになっているようです。

ペンタックス645D

画素数はなんと余裕の4000万画素。

いいよね〜。
欲しいとは思うけど価格はなんと84万円以上。
それにレンズを揃えたりしたらもう軽く100万円を超えます。(@_@)
(クルマが買えるじゃん)
それに4000万画素もあると、いまのパソコンじゃ処理できないな。(^_^;)

以前の仕事だったらクレジットで何とかなっただろうけど、
収入が激減した今ではとてもじゃないけど、手の届かない高嶺の花です。

JUGEMテーマ:カメラ
 

ペンタックスが何を血迷ったか、
Z-1p のあとに突如方向変換をして発売したのがこれ。



ペンタックス MZ-5


Z-1pは露出計のハズレが多かったものの、
コンセプトとしては僕好みだったのだが、メーカーは突如路線を変更した。

昔のマニュアル機のように小型軽量化に走った。



ホントにペンタックスというメーカーは独自路線です。
何度キャノンやニコンに乗り換えようと思った事か。(^_^;)
有る意味、時代に逆行しているような・・・。

ユーザーの意見とか収集していないのかねぇ。

なんだかんだと文句を言いながらも、
このMZ-5は結構使っていました。
当時のカメラとしては小型だったので、絶えず車に積んでいて、
事あるごとにシャッターを切っていました。



昔のマニュアル機のような構造は、
直感的に分かりやすい作りになっていました。

露出補正が0.5刻みなのと、プレビューボタンが無かったのは不満でしたけど。
ただ、露出計の精度はZ-1pよりは格段に良かった。
(AFは亀のように遅かったけど)


このカメラで撮った写真は何度かコンテストに入賞しました。
そのうち1枚は特選を取れた事もあった。


この姉妹機、妹分のMZ-7も中古ですけど持っていました。
それはもっぱら友人への貸し出し用でしたけど。
(以前のカビ発生事件があったもので、ランク下のものを用意した)




MZ-5。
不満はあったものの気軽に使えたし、
プログラムの設定がどうのこうのという難しさもなく、
直感的に思ったままにサッとダイヤルを回して撮れたので、
結果的にはなかなか使いやすいカメラだったんでしょうね。

前回紹介の「Z10」では物足りなくて、その後に購入したカメラです。


ペンタックス Z-1p

ペンタックス Z-1p

この前モデルで「Z-1」と言うのがありましたが、
その後、当時流行のパノラマ撮影機能が付いたこのモデルが発売になりました。
「p」は「パノラマ」の意味です。
でも、ハッキリ言って、パノラマは必要なかったですね。
パノラマとはいっても、単にシャッター幕の上下をカットするだけのものですから。

ペンタックス Z-1p

このカメラは、ペンタックス特有のシステム「ハイパープログラム」というのが特徴でした。

前ダイヤルでシャッタースピード優先、後ダイヤルで絞り優先に、
適正露出のまま瞬時に切り替えられるというもの。
賛否両論ありましたけど、僕はこのシステムが好きでした。
今の同社のデジタル一眼にもまた、この機能が復活しています。


ただ、気にくわなかった箇所も何カ所かあります。

写真を見ておわかりのように、ホットシューの位置が右側に付いてます。
外部ストロボを使用すると被写体の影が左側に出てしまう。
シンクロのスピードも遅かった。
他社が1/180秒なのにペンタックスは1/125秒。
それにストロボが緩みやすくて、発光しないと思ったらホットシューから外れ掛かっていた、
なんて言うのがちょくちょくあって、かなりイライラさせられた。



カメラの下部には追加でグリップを付けてます。

ペンタックス Z-1p

ただ、このグリップ。
小指の掛かりが良くなるのはいいけど、それだけ。(笑)
電池パックでもないし、縦位置のシャッターが付いているわけでもないし・・・。
他者のカメラは電池パックだったし、縦位置のシャッターもダイヤルも付いていた。
後のMZシリーズでは電池パックになりましたけど、
それでもまだ縦位置シャッターは付いてなかった・・・。


露出のハズレも多いカメラでしたね。
普通に撮ると、大体ほとんどが露出オーバー。(^_^;)
露出補正マイナス7とかで風景にはちょうど良かった。
(それでも外れる事がしばしばあった)
保険で気に入った場面ではブラケット撮影をしておかないと後悔する事が多かった。

AFの性能も一時代遅れていました。
焦点の合致まで遅いし、迷いも多いし。
風景が主でしたからそんなに気になりませんでしたけど、
友人のニコンのカメラを使ってみて、そのAFの速さに驚いたものでした。



後はこんな感じ。

ペンタックス Z-1p

かなり使い込んだのでグリップ部分がてかってます。(笑)


このころ、キャノンはすでにセレクトダイヤルが付いてました。
キャノンやニコンの進歩に後れを取っている感のあるペンタックスに苛ついていましたけど、
乗り換えるにはレンズもまたイチからになるので、
不満を持ちながらも、結局いまだにペンタックスユーザーです。(笑)

あれこれ不満を感じながらも、フィルムのAF一眼では、これを一番長く使っていたかもなぁ。
サブカメラでZ-1の弟分のZ-5も持っていましたけど、あんまり使わなかった。


いろいろ不満もあったけど、コンセプトとしては僕好みでした。

このままのスタイルで精度や機能をアップして欲しいと願っていたのに、
ペンタックスは全然違う方向、MZシリーズへと進んでいくのであった・・・。(-_-;)



JUGEMテーマ:カメラ




 

JUGEMテーマ:カメラ


初めて使ったAF(オートフォーカス)の一眼がこれでした。

その頃は携帯性から、バカチョンを使っていた。



マニュアルカメラ以来、写真からずっと遠のいていたけど、
AF一眼というのを使ってみたかった。

今考えると、かなり鈍いAFでした。
かなり誤作動があったりして、
もしかしてマニュアルで合わせた方が速いかも。(笑)
(今でもペンタックスのAFは遅いけど・・)

でも、カメラのスタイリングというか、
全体のフォルムが好きだったんですよね。

このカメラを手にしてから、遊びで風景写真を撮ってみたりして、
(まだネガフィルムでしたけど)
それをあるラボに出した事が、写真クラブに入るきっかけになりました。

いわば、今の写真生活のきっかけになったカメラです。

JUGEMテーマ:カメラ


ペンタックスMXの次に使っていたのがこのカメラ。


PENTAX SuperA
ペンタックス スーパーA



1983年の発売で、当時の価格で確か6万8千円だったと思う。

これも新品ではなくて中古品を購入しました。
これはMX以上に使い込みました。
そして、暇があれば触って眺めていた。(笑)

これを買った当時はもうLXが出ていましたけど、
LXには、価格が高かったしあんまり魅力を感じなかった。
(スーパーAの2倍近い価格だった)
スーパーA以上の良さを見いだせなかった事もあります。

美しいですね。
マニュアル機のこの軍幹部の形が大好きです。

電子制御式縦走りメタルフォーカルプレーンシャッター。
視野率は92%でLXには及びませんけど、
当時はこれで充分でしたね。

マニュアル機だけど、とにかく使いやすかった。



ただ、フィルムの巻き上げは手巻きなので、
モータードライブ(自動巻き上げ機)を着けて使っていました。
(やたらと重くなるんだけど、その重さで安定して手ぶれを防いだ)



露出計はMXと同じくTTL中央重点全面測光。
プログラム自動露出、絞り優先自動露出、シャッター速度優先自動露出、
マニュアル露出、TTLオートストロボなどが使えた。

今ではマニュアル機を使う方はほとんどいないでしょうけど、
じっくりと被写体に対峙して、カメラを使いこなしていると感覚。
シャッターを押したときの充実感というものは、
断然、今のカメラよりもマニュアル機のほうがありましたね。

今のカメラは電化製品みたいになっちゃいましたけど、
当時のカメラは、まさにメカニックでした。

この春に発売になったペンタックス K-7は
軍幹部(ペンタ部)が当時のマニュアル機を思わせる形になりました。



曲線を基調としたカメラが多い中で、
この形は懐かしさと共に、逆に新鮮さを感じます。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

青森県の天気

あらいぶの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    あらいぶ
  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    じゅずじ
  • 初心に戻ろう!!
    あらいぶ
  • 初心に戻ろう!!
    じゅずじ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    あらいぶ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    じゅずじ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    あらいぶ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    じゅずじ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    あらいぶ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    AT

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM