JUGEMテーマ:カメラ


レンジファインダーのロードSEの次に、
初めての一眼レフとして手にしたのがこのカメラ。



ペンタックス MX


発売は1976年11月。

これを購入したのは社会人になってから。
社会人成り立ての僕には一眼レフは高額商品。
したがって購入したのは中古品でした。

TTL 露出計内蔵のメカニカル・シャッター。
露出計はボタン電池(1.5V銀電池(G13)2個で稼働しますが、
それ以外は電池がなくても動くんです。
今のカメラでは考えられませんね。

シャッター幕は横走りゴム引き布幕シャッター 。
(1〜1/1000秒, B, X=1/60秒)
ゴムですよ、ゴム。
布ですよ、布。(笑)

絞りはすかしでファインダーから確認できる仕組み。
今のような液晶表示ではありません。

測光方式はTTL 中央重点全面測光。
当時はそれが主流でした。

フィルムの差し込みは右の白い蛇腹のような所に差し込むんですが、
AF時代のようにフィルムの先をひっかけるようなタイプではなく、
時々、フィルムの充填に失敗する事もありました。



当時はこのカメラに50ミリ F1.2のレンズを着けて撮ってました。

僕のペンタックス指向はこのカメラから始まったのでした。

JUGEMテーマ:カメラ


思えば初めて自分のカメラを手にしたのは中学1年生の冬。

中学校での部活で一番入りたかったのが写真部。
実際、ほんのちょっとだけ在籍していた。
知らなかったんだよね、カメラを持ってなきゃいけないって。
てっきり学校で部のカメラがあって貸してくれるものだと思っていた。(笑)
結局、カメラを買ってもらえるわけもなくすぐ辞めた。
その後で入ったのが剣道部でした。

小さい頃から機会ものが大好きで、
オモチャとか買ってもらってもその仕組みが知りたくなり、
いくらも遊ばないうちにバラしてしまって、いつも親に怒られてました。


部活は諦めたものの、やっぱりカメラが欲しかったんですよね。

1年生の冬のお年玉で、弘前の駅前にあった質屋さんから
中古のカメラを購入したんです。

それが「LORD SE」という、レンジファインダーのカメラでした。



向かって右側に簡易的な露出計が付いたものでした。


(画像は「レンジファインダーweb site」さんからお借りしました)


自分の小遣いの中でフィルム代や現像代を出さなくちゃいけないんで、
当時はもっぱらモノクロで撮ってましたね。

親戚とか遊びに来て親から頼まれたときだけは、
親がフィルムを買ってくれたのでカラーフィルムを使えた。

当時、写真のことはあまりよく分かってなかったので、
シャッター固定で、晴天なら絞りは16〜11、曇りなら8、室内なら開放とか、
そんなアバウトな感じで撮っていたような気がします。

しかしやっぱり質流れ品。
X接点がいかれていまして、ストロボが同調しませんでした。


高校生になると、興味はもっぱら音楽(ギター)になってしまいましたけど、
このカメラは社会人になるまで僕の唯一のカメラでした。


いまは何処へいってしまったものか・・・。

たぶん、親にスクラップとして処分されてしまったんでしょうね。


「レンジファインダー」web site のサイトを見て、
妙に懐かしく感じて日記を書いた次第です。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

青森県の天気

あらいぶの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    あらいぶ
  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    じゅずじ
  • 初心に戻ろう!!
    あらいぶ
  • 初心に戻ろう!!
    じゅずじ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    あらいぶ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    じゅずじ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    あらいぶ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    じゅずじ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    あらいぶ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    AT

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM