今日の話ではないんですが・・・。
土曜日の浪岡コースの話です。

浪岡といっても土曜日は2回走ります。
なぜかその時間帯ですっきりと市内のこと市外のこと別れています。
2:30クラスは市内の子どもばかり。
5:30は市外の子どもたちばかりです。

問題は5:30クラスの○沢小学校の子どもたち。
毎週、毎週この寒い中バスの窓を全開にして
大声出して叫んだり走行中に手を伸ばして雪を取ろうとしたり
窓から物を投げたり、通行中の人に叫んだり
もう、まるっきりバカ丸出しです。
他の子供たちが寒がっているのもお構いなし。

子どものことだから多少のバカはやるもんですが
この子たちの行為は危ないし、他の子の迷惑になるから
やめなさいと今まで何度も注意してきました。
分かってくれたかなと思うと次の週にはまたやってます。

毎週注意してかれこれ10回目くらいになります。
全く学習能力なしのニワトリ以下のアホ軍団です。
先週も注意して一部の子はすぐ窓を閉めたんですが
注意してもなお窓を開けてバカ騒ぎしてるアホが4人ほど。
さすがに僕もこれには切れました。

結花子や春佳という上級生がいた時はある程度バランスが取れていたんですが
夏に結花子たちがやめてからはエスカレートするばかり。
我慢に我慢を重ねてきましたが、とうとう堪忍袋の緒が切れました。

その浪岡のあとに木造(今はつがる市になりましたが)の子どもたちを乗せて
木造の子どもたちはやっぱり素朴で素直でいいなぁと感じました。
ずるいんだけど素直でいい子たちばっかり。
バカもやるけど、しゃべればちゃんと理解してくれる。
ホッとします。

○沢小学校軍団。
これだけ僕に叱られて来週もまた同じ事をやるなら救いようがないですね。
もう少し他人のことに気を使える子どもたちになって欲しいです。

カペラワゴン
長いことおっちゃんの足として活躍したカペラワゴン。
今回のミッションがいかれたことで
いよいよ廃車にすることにしました。

中古部品にかけて修理しようかなぁとも思いましたが
ここ1年でヒーター、ダイナモ、スーパーチャージャー、
ブレーキと来て、今回のミッション。
仮に今回修理しても同じ距離数を走ってるミッションしか中古はないし
交換してもすぐいかれてしまう可能性が大きい。
ミッションが持っても、次は水回りや足回りが
そろそろいかれるかも知れないなぁと言う気もして
安い中古に乗り換えることにしました。

昨日、マツダの工場にあるカペラワゴンから
積みっぱなしにしてる荷物やリモコンスターターや
MDコンポなどを外してきました。

故障さえなかったら大好きな車でした。
音楽隊やバンド活動ではドラムスやギター、アンプを積載して
写真撮影ではカメラを積み込み、山やいろんな所を走り回りました。
いざ廃車となるとさびしい物があります。

雫井脩介原作の「火の粉」がTVドラマ「土曜ワイド劇場」で
本日放送されました。
原作を読んですごく面白かった物が
映画化、ドラマ化されるとすごくつまらなくなってしまう。
今までが例外なくそうだったので今回のドラマ化された「火の粉」も
観ない方がいいとは思ったのですが、
主演が好きな原沙智絵だったので思わず見てしまいました。
で、やっぱり最低のできでした。

あんなにすばらしいミステリーなのに
ストーリーはいたるところで手を加えられ
かなりの部分をはしょってしまっていて
ドラマだけ見た人はなんでこうなるの?と
原作が分からない人には不可解な部分もあると思いました。

なんでストーリーを変えてしまうんでしょうね?
原作通り作ったら時間オーバーになってしまうのは分かりますが
はしょる部分が違うんじゃないの?と思います。

今日のワイド劇場「火の粉」をごらんになった方はいますか?
ぜひ感想をお聞きしたいものです。
原作を知らない方はぜひぜひ原作本の「火の粉」を読んでください。
ドキドキ、ハラハラ、ワクワク。
心理描写なんか思わず唸ってしまいます。
ちょっと長めの本ですが、あっという間に読み進んでしまいます。
「火の粉」雫井脩介著、おすすめですよ。

14日はもう過ぎたのですが、その日以降にチョコをもらうことがあります。
(曜日の関係で14日に来ていない子どもから)
14日に綾香はプールを休んだのですが同じ時間帯の子には
沙也佳が「綾香から預かってきたよ」といってチョコをあげてました。
今年は綾香から貰えないのかなぁと思っていたら
今日、「はい、おっちゃん。遅くなったけど」と言うことで
直接渡した方がいいと思っていたみたいです。

それよりもうれしかったのがチビ梨沙からのチョコ。
大好きなんですよ、この子。面白い子です。
子どもたちのイベント紹介のコーナーで、ちょくちょく出ている子。
全然予想をしていなかっただけにうれしかった。
お母さんからは前にドーナッツをもらったこともありました。

ホワイトデーお返しの予算がふくらんで来るけど
子どもたちからのプレゼントはうれしいです。
それでもまだ、去年よりは予算もまだ余裕です。
今年は何をお返ししようかなぁ。

今日は日本の一大イベント、バレンタインデー。
この風習は僕自身はあんまり好きじゃありません。
義理チョコなる物が巷にありふれて
お菓子業界は万々歳なんでしょうが
買う人はかなりのお金を使って大変だろうにと思います。

今年はかなり子どもたちを含めチョコの数は減しました。
春佳も、茜、史織、真衣などもやめちゃったし
ローソンのアッちゃんやカネちゃんも会わなくなっちゃったし。
今年のお返しはかなり楽かなぁと思います。
昨年はお返しに1万5千円くらいかかっちゃったからね。

それでもあずさと沙也佳からは手作りチョコをもらいました。
あと、美亜がチョコ宣言をしていましたが・・・。
誰よりも、この子どもたちからもらったのがいちばんうれしい。
あずさはバスには乗っていない子なんですが
1号車の所まできて「これ、バレンタインのチョコレート」
と言って持ってきた笑顔が何ともかわいい。

今年の女性スタッフから頂いたのは昨年同様
女性スタッフ全員で1個というスタンスです。
これは考えたなぁと感心します。
それでも昨年は感謝の意味も込めて一人ひとりにお返ししました。
今回のスタッフチョコはかなり予算も縮小したみたいで
僕も今回のお返しはまとめて1個でもいいかなぁと感じました。
もちろん子どもたちにもらったチョコには来月、倍返しです。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

青森県の天気

あらいぶの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    あらいぶ
  • 数年ぶりの「鶴の舞橋」
    じゅずじ
  • 初心に戻ろう!!
    あらいぶ
  • 初心に戻ろう!!
    じゅずじ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    あらいぶ
  • 魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦
    じゅずじ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    あらいぶ
  • 「ポケット」 whiteeeen   いい曲だなぁ
    じゅずじ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    あらいぶ
  • 思い出のカメラ 「ペンタックス Z-1p」
    AT

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM